ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

永野総一朗「琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査・第59回」

連載:永野総一朗「たまらんばいスポット大捜査」

琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査・第59回

永野総一朗 Nagano Soichiro プロフィール

思い出に残る楽しいガイドサービスをモットーに連日出撃中の人気プロガイド「たまらんばい永野」とは彼のこと!! 巻きから繊細な食わせまで幅広く柔軟にこなす人物で、ご存知「高菜漬け」も好評発売中!!  1988年2月生まれ、滋賀で頑張る福岡県人!
ワイド開幕!灼熱のたまらんばい!

いよいよ7月末、長かった梅雨も明け冷夏が予想された2019年の夏でしたが、今年もやはり猛暑がやってきました!

そんな今年の夏に活躍しているのは、夏の定番、スタッガーワイド!

スライドフォールジグ5gとスタッガーワイドツインテール4インチが連日の稼働中!

出典:ハイドアップ

出典:ハイドアップ


狙うべきポイントはココ!

狙っているたまらんばいスポットは、ズバリ西岸カナダモ絨毯のエッジ付近、そして濃いところ。

具体的には堅田、名鉄、山ノ下、アクティバ、雄琴、カネカの3〜3.5mが多いです。

ボートを流しながらジグを風下にキャストして、ウィードを外して6-7秒ステイ、の繰り返し。

流しながらバイトが出たり釣れたりした場所は必ずマーク。

その場所がフィーディング場所になっていることが多く、良い場所に当たれば、ボートを止めてまとめ釣りすることも可能です。

ハスやバスのボイルがキー

良い場所の条件を一つあげると、必ずハスやバスのボイルが一定時間毎に起きること。

そのスポットがフィーディング場所になっている可能性が高いです。

そんなジグ展開は西岸メイン。

東岸エリアではワッパーが有効!

東岸のエビモや浅い2m前後のカナダモでは、ワッパー4インチのフリーリグが効き始めました!

出典:ハイドアップ

ギルが少なく、ハスやアユなどのベイトが多いせいか、今年は早い段階から細いシルエットのワームに反応する傾向があります。

ワッパー4インチの5gフリーリグは昨年秋のMVPリグで、今年は夏から絶賛稼働中!!

要チェックです!!

今週のたまらんポイント

使い方はウィードを外して置いて、外して置いての繰り返しです。

動作はワイドと全く同じですがステイの時間だけ、毎回10秒づつ長めに取るのがコツです。

フックはフッキングマスターリミテッドエディション・ヘビークラスの#3/0。

ロッドはM〜MHアクション、ラインはガノア・アブソルートAAAの14ポンドを基準にしています。

特に縦ウィードに強いリグです。

たまにボイルが起こる場所や、フライが付いているウィードを見つけたら一つの手段として試してみてください。