ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【たった3つでOK!】ロックフィッシュ・グルーパー爆釣系ワームローテーションを紹介【西野式グルーパー攻略法】

ライトロック特集

西野 裕之(Hiroyuki Nishino) プロフィール

GG西野の愛称で知られるティクト・グルーパー&ロックフィッシュ・アンバサダー。島根県全域から鳥取県西部、時には瀬戸内まで足を運び、様々なフィールドで腕を磨くロックマニア。バスフィッシングでルアーゲームにハマり、ロックフィッシュゲーム、アジング、エギング、ショアジギングなど、旬のターゲットを狙う。生粋の広島東洋カープファン。広島出身・在住

グルーパーゲーム、ロックフィッシュゲームで使用するのは、この3つワームのみ!

ジグヘッドリグ、テキサスリグ、リーダーレスダウンショットリグ、フリーリグとの組合せで使い分けています。

「喰わせ」もできる強波動系「ジージークロー3インチ」

ジージークロー」は、コンパクト&ハイアピールをコンセプトに開発したクロー系ワーム。

3インチと小ぶりだが大きなグラブテールアームは極大の波動・アピール力を発揮し、離れたところにいる魚をも引き付ける。

また4本の長いヒゲが、あわずかな水流でも動き続け、ボディ横の6本の短い足もフォール時にピリピリと動き、アームやヒゲと足と3つの波動でナチュラルにアピールする。

小さいシルエットから来る食わせ能力に加え、サーチ力もあるので、初めてのポイントで地形把握ができていない時に重宝するワームだ。

素材は、オリジナルのソフトマテリアルを使用したことで、小型のロックフィッシュやグルーパーでも違和感なく吸い込んでくれるのも嬉しいところ。

ボディ断面が三角形になっており、スリットを設けているフラット面にオフセットフックの針先をしまえばスナッグレス性能重視、反対に三角形の頂点側にフックをセットすればフッキング重視のセッティングにできる。


クロー系ワームはアームが千切れてしまうと、使えなくなってしまうモノが多いが、「ジージークロー」は違う。

アームを両方取ることでシュリンプ(エビ)形状へと変化。

抵抗が減り、素早い動きを利用してリアクション狙いの釣りを展開することもできる。

強波動を敬遠する場合は、あえてアームを取ってシュリンプ形態にすることで今まで反応しなかったグルーパーが反応を示すことがあるので、アームが切れた「ジージークロー」も捨てずに取っておいてほしい。

カラーは実績も高い全8色。

使い方としては、テキサスリグ、リーダーレスダウンショット、フリーリグでボトムを丁寧に探るのが基本。

操作としてはズル引きで、ストラクチャー(障害物)に当たった時にロッドを大きくシャクって魚にアピールさせる。

ストラクチャーに引っ掛けては外し、引っ掛けては外しを繰り返して狙っていくとよいだろう。

スイミング用オススメワームを紹介!

1 / 3
次へ