ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【簡単にマスターできる】スイミングパターンを紹介【西野式グルーパー攻略法】

ライトロック特集

西野 裕之(Hiroyuki Nishino) プロフィール

GG西野の愛称で知られるティクト・グルーパー&ロックフィッシュ・アンバサダー。島根県全域から鳥取県西部、時には瀬戸内まで足を運び、様々なフィールドで腕を磨くロックマニア。バスフィッシングでルアーゲームにハマり、ロックフィッシュゲーム、アジング、エギング、ショアジギングなど、旬のターゲットを狙う。生粋の広島東洋カープファン。広島出身・在住

「グルーパー(ハタ系)」と言うと、根掛かりしにくいテキサスリグで根の周りを丁寧に探るイメージを持っている人もいるかもしれないが、「オオモンハタ」や「キジハタ」は、実は中層にいることも多い。

なので、ジグヘッドリグのスイミングは、根掛からないうえにフッキングもしやすく、シチュエーションによっては爆発的な釣果をもたらすこともあるためグルーパーゲームには必須のパターンとなっている。

今回はこのスイミングパターン、特に私が実践しているグルーパー専用ジグヘッド「パパラッチ」を使ったスイミングパターンを紹介しよう。

釣果を左右するキモは…

キモは、まずワームをジグヘッドのフックに真っ直ぐ刺すこと!

ワームを曲がって付けるとリグ全体のバランスが崩れ、斜めになって泳いだり、回転したりしてしまうからだ。

ちなみに、グルーパーゲームで実績が高い「Gボールシャッド3.5インチ」をジグヘッドに装着する場合は、頭からフックを刺して背側のスリットの最後のところからフックを出すとキレイに装着することができる。

グルーパー・ロックフィッシュ専用ジグヘッド「フラッシュヘッド・パパラッチ」+「Gボールシャッド3.5インチ」のセッティングがスイミング攻めのメインアイテム

ワームを装着したら足元で泳がせてみてチェックするのがオススメだ。

オススメのジグヘッドは、グルーパーゲームに最適なジグヘッドとして設計されている「パパラッチ」だ。

パパラッチ」にはワームキーパーが付いており、ちょっとやそっとでワームがズレることはない。

なので、リグを直す必要がないので、実釣中のストレス減になっている。

またワームがズレないのでミスバイトした場合でも、そのまま誘い続けることができ、セカンドバイト、はたまたサードバイトまで得られるかもしれない。

1 / 3
次へ