ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

稚鮎とイナッコをメインベイトとするデカシーバスを狙うオカッパリ・リバーシーバスゲーム【寄稿by藤田知洋】

藤田 知洋(Tomohiro Fujita) プロフィール

山口県の岩国市をホームグラウンドとする、生粋のシーバスフェチアングラー! 年間釣行回数300日オーバーという現場型アングラーで、リバーシーバスや港湾系シーバスを狙って独自のシーバス道をバクシン中!

シーバスファンの皆様、こんにちは。 ダイワのシーバスのフィールドモニター、藤田知洋です。

さて今回は釣りビジョンのソルトルアーフィッシング番組Dz SALTのロケで和歌山県の河川で、稚鮎とイナッコをメインベイトとしているデカシーバスを狙ってきましたので、その時の模様をレポートさせていただきます!

画像出典:釣りビジョン公式Dz SALTページ

 

さて、今回は地元アングラーの方からこの時期の状況をお伺いし、結果、メインで狙うシチュエーションとして考えたのはナイトゲームのチャラ瀬。

出典:YouTubeチャンネル「釣りビジョン」

 

チャラ瀬を選んだのはベイトとなるイナッコが流されたり、稚鮎が溜まりやすく、シーバスが捕食するには1級ポイントとなるからです。

そして、チャラ瀬に着くシーバスは、捕食スイッチが入っている個体が多く、比較的イージーである可能性が高いため、メインに狙ってみることにしたのです。

 

ちなみに、今回の釣行タイミングは、シーバスのベイトが多い時期と重なり、腹パンの状態とのこと。流れの中で大きく育った、体高のあるパワフルな個体のキャッチを目指してロケにのぞみました!

 

 

当日のアプローチとは、表層直下のレンジからの行いました。
これはいきなりレンジを入れてしまうと浮いている個体がいた時ににラインが先に当たってしまい、スイッチが入っていた個体に警戒されてしまうからです。


出典:釣りビジョン公式Dz SALTページ

 

アクションはただ巻きからスタート!

ナイトゲームのチャラ瀬では流れがあることもあり、トゥイッチなどを絡めてリアクションバイトを誘発させるよりは、ただ巻きで、しっかりと食い込ませた方が口に入りやすく、キャッチ率が上がると考えているからです。

もちろん、ただ巻きで食わなければ、トゥイッチなどのアクションを絡めてリアクションバイト狙いに切り替えていく攻めを展開していきました!

このシーバスは和歌山県で釣った魚ではなく、後日に地元河川のイナッコパターンでキャッチすることができたシーバス。当日はただ巻きでは反応しませんでしたが、トゥイッチを絡めたリトリーブでバイトしてきた個体で、流れの中でベイトを食べて成長した、体高のあるグッドコンディションのシーバスです

さてさて和歌山県の今回のロケではこのようなシーバスを求めてゲームを展開してきました!

 

『Dz SALT case118 和歌山県・初夏のリバーシーバスゲーム』【番組紹介】

出典:YouTubeチャンネル「釣りビジョン」

 

 

今回の使用タックル・ベイトタックル ※全てダイワ製

ロッド:LATEO BOAT SEABASS 73HB

リール:タトゥーラSV TW 8.1R
ライン:UVF モアザンセンサー 12 ブレイド EX+Si 1.5号+モアザンリーダー エクストリーム 25lb

ルアー:

モアザン ウインドストーム 135F
ショアラインシャイナーZ バーティス97F

 

今回の使用タックル・スピニングタックル ※全てダイワ製

ロッド:モアザン ブランジーノ AGS 78M/MH・J【CANAL SHOOTING CUSTOM】
リール:19セルテートLT4000-CXH
ライン:UVF モアザンセンサー 12 ブレイド EX+Si 0.8号+モアザンリーダー エクストリーム 20lb

ルアー:
ショアラインシャイナーZバーティス97S
ショアライン シャイナーZ バーティス 120F
モアザン ソルトバイブ 60S
モアザン ソラリア
モアザンソルトペンシル

そんな釣りの一部始終がご覧いただける今回のD:z SALT(釣りビジョン)。7月下旬に何度か放送されるので是非ご覧ください! 今回の番組の詳細は釣りビジョン公式サイトのこちらのページで!

1 / 2
次へ