ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

バリキシャッドを使ったデカバス捕獲法【寄稿by山本直也】

山本 直也(Naoya Yamamoto) プロフィール

紀伊半島のリザーバーがホームグラウンド。リザーバーのオカッパリ、リザーバーのボートでの釣りを得意とするアングラー! 剛柔どちらのスタイルもこなすオールラウンダー!

 

ガンクラフトスタッフの山本直也です。

今回は僕のホームグラウンドの紀州リザーバーで最近、爆発的に釣果があがっているバリキシャッド。

私自身、最大57センチを頭に数多くのランカーを仕留めることができているので、今回はそんなバリキシャッドの特長や基本的な使い方をご紹介させていただきいたいと思います!

ガンクラフト公式バリキシャッド6.8インチ詳細ページはこちら
ガンクラフト公式バリキシャッド4.8インチ詳細ページはこちら

 

テールのポケットにネイルを入れる入れないで水押しの強さを調整できる!

まず初めにバリキシャッドの特徴ですが、テール部分にネイルシンカーを挿入できるポケット(バリキアップホール)があります。

このポケットが実はかなり重要で、有効活用すれば同じワームでもテールの動き、水押しに幅をもたすことができます。

では、動きにどのような変化をもたらすか? なんですが、簡単に説明すると、重いネイルシンカーを入れると、テールの振り幅、水押しの力が増します。

ノンウエイトの場合はその逆で、スローな動きでもしっかりキビキビ動くが水押しなどは弱くなります。

シャッドテールはこの2パターンの水押しの力を使い分けることが釣果に大きく影響を及ぼします。

 

濁っていたり広範囲を探りたい時はネイルシンカーを入れる。
クリアな状態やピン狙いではシンカーを入れない!

僕の場合難しいことは考えずに簡単に、濁った水、広域に探りたい場合は、0.45gのネイルシンカーを入れ、水押しアピールを強めにします。

そしてクリアな水やピンスポットの場合はノンウエイトでアピールを抑えてサーチします。

あとは魚の反応を見つつこまめにチェンジするのも有効です。あとウエイテッドフックの重さを変えて魚にレンジを合わせてあげる事も釣果UPの秘訣です!

 

 

バリキシャッドの基本的な使い方

波動の強さの使い分け以外はウェイテッドフックの重さでレンジコントロールをして、基本的には一定スピードで巻く釣りです。

そのほか、スイムジグやテキサスなどでもよく釣れています。

僕自身は4.8インチのバリキシャッドにはシェイプスフックの#5/0をメインに使っています。

 

最近は、水面下50cmラインを巻いてくると反応が良く、チェイスからバイトまですべて見えることも多くあります。

投げて巻くだけのシンプルな釣りですが、本当に反応が良く、小さいサイズからランカーまで幅広く釣れるので、困った時はバリキシャッドを巻いておけば間違いないです。

みなさんも是非、バリキアップホールを使い分けて釣果UPしてくださいね。

ガンクラフト公式バリキシャッド6.8インチ詳細ページはこちら
ガンクラフト公式バリキシャッド4.8インチ詳細ページはこちら

 

1 / 2
次へ