ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

加木屋守・マーモ「CAST TO GLORY」#18 TOP50旧吉野川戦なう!

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」
毎週日曜日配信!

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

#18 TOP50旧吉野川戦なう!

こんにちは‼︎

現在はJBTOP50旧吉野川戦ナウなマーモです(笑)

現在は初日が終わったところで、18位スタート。

最終結果日曜日になりますので、JBホームページからご覧下さい♪

皆様いつも応援ありがとうございます!!!

メインは高比重3インチワーム&チャター&ドリフトクロー

そして、旧吉野川戦での僕のメインパターンになってくるのは高比重3インチクラスのワームとブレイクブレード3/8オンスにRV-ドリフトクローのバックスライドパターン。


出典:ジャッカル・ブレイクブレード

出典:ジャッカル・ドリフトクロー

普段長良川で使っているようなセレクトなのですが、今回の旧吉野川戦は雨の影響もあって、げき濁りになったためチャターベイトもセレクト。

前日プラではこのチャターベイトに1500gクラスのキッカーも釣れ、濁りの中ではブレイクブレード3/8オンスは強くなります。

まだ梅雨ということもあり、川は濁りやすくなるのと、これから先の時期は台風なども出てきて、台風後のげき濁り時などにはチャターベイトを巻くことがオススメですよ‼︎

シャロー際を早く巻きたい時はウイニングスペックのブレイクブレード3/8オンスが有効で、ブレイクラインやさらにアピールを強くしたい時などはオリジナルのブレイクブレードがオススメです♪

高比重3インチワームはヤマセンコー

そしてもう1つの高比重3インチワームはヤマセンコー3インチ。

川の流れを利用してオーバーハングの上流側にアプローチし、ドリフトさせて下に流し込む釣り方で釣っていました。

この釣りはプリプラからも反応がよく、ちょっとバスにプレッシャーがかかっていたり、フワッと流しながら落としたい時に良いリグです。

オーバーハングやリーズ下のエグレを狙うのはRVドリフトクロー

そしてオーバーハングの下やリーズのエグレを狙うのはやっぱりRV-ドリフトクロー‼︎

こちらもヤマセンコー3インチ同様にフワッとバックスライドフォールさせることが可能なので、ドリフトさせられないようなカバーの下に入れる場合はドリフトクローを使用します。

川のナウな釣り方ですので、皆さんも是非お試し下さい♪

ドリフトクローの発売日もいよいよ近づいて来ましたよー!!!