ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ロッドメーカー天龍の「こんなアイテムあったんだ」

ロッドメーカー天龍さん。

自社窯を持ち、実釣力重視のロッドを作っています。

でも、ロッド以外にもアイテムをチラホラと出しているのです。

以前にご紹介した記事を。

【おすすめロッド束ねグッズ】便利機能が隠されているテンリュウのティップカバーとエンドベルトを紹介

改めて紹介しますと…。

まずはティップカバー

出典:テンリュウ

出典:テンリュウ

出典:テンリュウ

ちょっとした移動時なんかに、リールは付けたまま、ピースだけ外して移動したいなんて時に、竿先だけをサクッとカバーしてくれるアイテム。

サイズはM、L、XL。

出典:Youtube 天龍釣具事業部

続いてエンドベルト

出典:テンリュウ

コチラのグッドアイデアは…。

出典:テンリュウ

これ! ポケットになった部分にジョイント部を入れられるのです。

出典:テンリュウ

ここまでは以前紹介しました。

もうひとつ、ロッドベルトもご紹介。

出典:テンリュウ

出典:テンリュウ

こちらは2ピースをまとめるのに便利なSサイズ(200×30mm)と複数本をまとめるのに便利なMサイズ(300×30mm)の2サイズ。

素材はクロロプレンで便利なスリットが入っているのがイイですよね!

出典:テンリュウ

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。