ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

メジャーバス釣りリザーバー亀山ダム【千葉県】の攻め落とし方【寄稿by松本恵太】

松本 恵太(Keita Matsumoto) プロフィール

亀山ダムをホームグラウンドとする若手アングラー! ハードルアーの釣りを得意として、あのハードルアートーナメントシリーズである「H-1グランプリ」の2017年総合3位入賞の実績を持つ

こんにちは、松本恵太です!

さて私がホームとしている亀山ダム【千葉県】ではバスのルアーへの反応も良くなってきて、1年の中でも様々なルアーや釣り方で釣果を出せる楽しいシーズンがやってきました。

なので今回はこれからの楽しい時期の私の亀山ダムでのオススメのルアーとタックルを紹介させて頂きます!もちろん亀山ダムだけでなく、各所でも効く釣りなので、参考にしていただければウレシイです!

 

人の多い早朝の亀山ダムではベビーポップXが有効!

まず最初にオススメしたい攻めは、やっぱり表層のトップウォーターゲーム!
ちなみにこの季節の亀山ダムは表層のワカサギパターンが盛り上がるタイミング。

朝のフィーディングタイム時にはフィーディングスポットは人だかりになる場面も多々あります。
そのタイミングで私が多用するのはベビーポップX【メガバス】。

ベビーポップXのスペック=50.0mm、3/16oz.

 

 

 

ベビーポップXの特徴

ベビーポップXは50mmの小粒なサイズながらそのサイズ感以上のサウンドを出す事ができるルアー。

陽が高くなり表層のフィーディングが無くなって少し沈んだかな?っという状況でもバスを表層まで呼ぶことができ、また呼び寄せた後はその小さなシルエットでバイトをさせる事ができるトップウォーターです。

 

 

 

ベビーポップXで使用しているタックルはコレ!

ロッド:霧雨フルソリッドモデルF2-61XKS-S(メガバス)

リール:10ステラC2500HGS(シマノ)

ライン:ラピノヴァXマルチゲーム(0.4号)(ラパラ) R18フロロリミテッドハード(7ポンド)(クレハ)

 

もう1つオススメしたい表層ルアーはI-WING135です!

そしてもう1つオススメしたいトップはI-WING135(アイウィング135)

メガバス公式「I-WING135」詳細ページはこちら

 

アイウィングの使い方

アイウィングの使い方は、岩盤沿いや立木周りやカバー周り等のバスが浮く事ができるストラクチャー周辺やバンク沿いをただ巻きで動くギリギリのスピードで釣って行くのが効果的です!

I-WING135(アイウィング135)はデッドスローに引いても内蔵されたR.A.Bとウイングにより超デッドスローリトリーブでもボディをロールさせ、「カチカチ」といったサウンドを発生させて、ジョイントされたテールもワンテンポ遅れてアクションしてくれる為に様々なアピールをしてくれるルアーです!

 

 

 

羽根モノ系のルアーは日中でも有効です

また、トップウォーターというと朝夕が効果的というイメージがあるとは思いますが、羽根モノ系は、陽が照りつける日中でもオーバーハング内のシェードや立木やブッシュ等が形成するシェードに付いているバスにも効果的でカバーから引き出してバイトさせる力があるのも特徴です。

 

I-WING135(アイウイング135)用タックル紹介

ロッド:エヴォルジオン F5,1/2-68ti【メガバス】

リール:14カルカッタコンクエスト200【シマノ】

ライン:R18フロロリミテッドハード10・12Lb【クレハ合繊】

 

 

1 / 3
次へ