ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

O.S.Pワイルドカード予選会で02ビート炸裂!!プラの感じも…【寄稿byマシュー】

O.S.Pプロスタッフ、マシューです。

O.S.Pワイルドカード予選会

茨城県霞ヶ浦で行われたO.S.Pワイルドカード予選会をレポートしたいと思います。

バサーオールスタークラシックに出場するためにはワイルドカードで優勝する必要があります。

そのワイルドカードに進むためにO.S.Pプロスタッフ内で予選会が開催されました。

2日間のプラクティスでの印象

プラクティスは2日間入りましたが、感触としては「バスが小さい・ショートバイト」この2つの印象を持ちました。

狙っていたのはシャロー!!とにかく浅い水深30センチ~50センチくらいの場所を中心に回っていきました。

その中で効果的だったのが、ノーシンカーとジグヘッドワッキーです。

ノーシンカーはドライブスティック3”とドライブビーバー3”

ノーシンカーはドライブスティック3″のラバーチューンと、ドライブビーバー3″のラバーチューンです。

ラバーの刺し方は、縦に5本・横に5本の計10本のラバーを刺します。

ラバーを刺すことによってフォールスピードが遅くなる・ラバーでのアピール力アップ・スキッピングした時の跳ね上がり防止の3つがメリットとなります。

ラバーの長さはスティックの長さと同じにします。

ドライブビーバー3″はパドルテールを取って、カーリーテールは残します。

ラバーの刺し方はドライブスティックと同じです。

カラーに関してはダークシナモンブルー&ペッパーを使用。

ラバーのカラーはルートビアの組み合わせです。

意識しているのはテナガエビ・モエビです。

アフターのバスは産卵で疲れきっており、横の早い動きよりもゆっくりフォールしてくるものによく反応します。

その場合に食わせの切り札として投入していきました。

プラクティスではこの組み合わせで3~4本くらいのバスをキャッチ。

狙いどころはオーバーハング・冠水ブッシュ・水門・オダなどです。

ジグヘッドワッキーはドライブクローラー4.5”

ジグヘッドワッキーはドライブクローラー4.5″を使用し、濁りがキツイ状況だったのでカラーはブラック系。

ブラックレッド・ブラック・ブルーギルをローテーションしながら、シートパイル・チョコレート護岸・葦などを撃っていきました。

アクションはリフト&フォールのみ。

細かく動かさず、キャストしたらボトムをとって食わせの時間を作ってあげると、コツっとバイトが出る感じでした。

前日こんな釣りで5本キャッチ、それからはフックを折って3バイトくらい得られたので、明日はこれで行こうと決意。

試合当日…

フライトが遅かったが、ファーストポイントに到着したときに何かの勘が働いたのです(笑)

この天気・この風・この濁り・・・「02ビート行けるんじゃない?」

船に積んであった02ビート(ブラックFLシルバー)をキャスト開始・・・

1回出ました・・・40UP!

2回出ました・・・40UP!

そこで確信。

「3回目あるぞ」

02ビートで遂にキャッチ!

横の動きに対して追いきれていないのは分かっていたので、リールのギア比は5.5のローギア。

着水したと同時にロッドアクションでゼロツービートを手前に引き込みその後はゆっくり巻いてくると、今度は乗せることができ慎重にファイトしてキャッチした瞬間に、ゼロツービートポロリ・・・汗

トレーラーフックもしっかり付けていたけれど、ショートバイトなのか、食いが浅いのか1日中そんな感じでしたが、なんとか49cm1,540g釣れマシュー!!

カラーは濁りを考えブラックをチョイス。

ハイライトだったのでブレードカラーはシルバーにしたのもよかったかなと。

こいつを生かすべくその後はランガン。

ノーシンカーで2バラシ1ギル1ノンキーパー(予選会ルールキーパー30cm・釣れたバスは29cm笑)

大会当日はショアラインのクリアアップにより、ジグヘッドワッキーは不発でした。

なんとか予選通過!

そんなこんなで、1本しかなく諦めモードでウエインしたところ、皆さん厳しかったようで、何とか2位にて予選会通過することができました。

霞水系これからの時期は02ビート良くなってきますよー。

皆様も試してみて下さい!!

1 / 2
次へ