ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

フリーリグやバックスライドリグなど野池攻略のためのリグ選択と攻め方【寄稿by村松恵太】

村松恵太(Muramatsu Keita) プロフィール

静岡県のフィールドでオカッパリバス釣りを中心に活動中! バス釣り以外に、ソルト、管釣りにもチョコチョコ出撃中しています♪

皆さん!こんにちは、静岡の野池などを中心に活動している村松恵太です。

今回は現在、静岡野池でイイ反応を見せてくれている攻めを紹介したいと思います。

 

スポーニング後の魚はスローな動きのベイトにしか反応しません、、

さて、現在の静岡野池のバスの状態ですが、アフターから回復途上のバスと、アフターから完全回復した2タイプのバスが混在している状況です!

 

アフター回復途上のバスは体力はそれほどないんですが、エサを捕食し体力を回復させようとはしています。
動きが早いエサは追いにくく捕食しづらいので、移動距離が少なくゆっくりと動くエサを狙う傾向が多いです。

一方、アフターから完全回復したバスは、動きの早いエサも追えるので、早いルアーの動きにも反応がよく、実際、素早いリアクション狙いの誘いで釣れています!

 

その2種類の状態のバスを狙えるルアーが、
クエイククローなんです!!

そんな2タイプのバスが混在している中で、結果が出ているルアーというのが、クロー系ワームなんです!

 

私が多用しているのはクエイククロー! このクエイククローを下の写真のように、色んなリグで使っています!

 

2つのアームと4本のレッグで水を掻き回して、アピールします。 ※アームはバタバタと揺れて、レッグはピリピリと細かく動きます。 サイズも3.4インチと、4インチあるので、その場の状況に合わせてサイズを選んでみてください!

ジャクソン公式「クエイククロー」詳細ページはこちら

 

 

アフター回復途上のバス、それからアフター完全回復のバス、それぞれに効くリグや効くシチュエーションが少しずつ違うので、それぞれご紹介してみますね!

 

アフター回復途上のバスに効くクエイククローのリグや攻め方などをご紹介

リグ

・フリーリグ(5g〜7g)

・ライトテキサス(1/4oz〜3/8oz)

・ネイルリグ(1/32oz〜1/16oz)※ネイルシンカー

・ライトラバージグ(1/4oz〜3/8oz)

 

主に狙うエリア

主にカバー周り、岩盤、岬周り、を狙います。

 

オススメリグ紹介

縦ストやライトカバーや水深のある場所にはフリーリグ、ネイルリグで!!
物に対して縦にフォールまたはカーブフォールで誘います。

 

カバーや地形変化がある場所には、ライトテキサス、ライトラバージグを!!

 

カバーや地形変化に打ち込んだりズル引いて誘います。
※アフターの魚はルアーをゆっくり動かしてソフトに釣るのが良いです。

アフターの釣りでハマるとこの様に連発することも!!

 

 

 

アフターから回復しきったバスに効くクエイククローのリグや攻め方

リグ

・フリーリグ(9g〜11g)

・テキサスリグ(1/2oz〜5/8oz)

・直リグ(3/8oz〜5/8oz)※パンチショット等はさらに重いウエイト

・ラバージグ(1/2oz〜5/8oz)

・ヘビーダウンショットリグ(5g〜9g)

 

主に狙うエリア

主にカバー、ウィード、インレット、ブレイク等を狙います。

 

オススメリグ紹介

カバーやウィード際や流れ縦ストのある場所には、フリーリグ、ヘビーダウンショットで!!
物の始まりや流れの中またはヨレに入れて誘います。

カバー等の中や水中に変化がある場所には、テキサスリグ、直リグ、ラバージグで!!

物の中や沈み物に打ち込んで誘います。

※通っているフィールドのエリアと状況に合わせてルアーの形やリグを選んでください。

ラバージグの釣りではBFカバージグクエイククローの組み合わせが自分の中ではベストセットです。

ジャクソン公式「BFカバージグ」詳細ページはこちら

 

クエイククロー(アフター/ライトタックル)

ブラストビーツ BBC―610M(ジャクソン)

・メタニウム DC HG(シマノ)

・エクスレッド 12lb.〜14lb(東レ)

 

クエイククロー(アフター回復/ヘビータックル)

デュナミス THP DTHP―70XH(ジャクソン)

・メタニウム DC XG(シマノ)

・エクスレッド 16lb.〜18lb.(東レ)

 

1 / 3
次へ