ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【スペリオル・スーパーDアタッカー】キャロやフロート系など10gを超えるヘビーリグ対応!スペリオルの新モデルを黒原祐一が超解説

黒原祐一(Kurohara Yuichi) プロフィール

ホームは山口県東部の瀬戸内エリア。特殊なフロートリグやJHを使用した大胆かつ繊細な釣りが得意。また、ライトゲームにベイトフィネスタックルを導入するなど、探究心も果てしない。趣味は、当然ながら釣り! そしてカメラ。山口県出身&在住。エバーグリーンプロスタッフ、アルカジックジャパンブランドビルダー、がまかつ、スワンズモニター

こんにちは。エバーグリーン・ソルトプロスタッフの黒原祐一です。

今回は、以前からテストを繰り返してきたソルティセンセーション・スペリオルのNEWモデル「SPRS-76MH-S スーパーDアタッカー」がいよいよ8月中旬頃にデビューするので、その性能や用途について、開発時のエピソードを交えてご紹介します。

 

スーパーDアタッカーは、その名の通りDアタッカーをベースにロングレングス化・パワーアップを図ったモデルです。

NEWモデルの、SPRS-76MH-S スーパーDアタッカーは、その名の通りソルティセンセーション PSSS-70S Dアタッカーをベースにロングレングス化・パワーアップを図った7フィート6インチのソリッドティップモデルです。

スーパーDアタッカーとDアタッカーのスペックを見てもらうと、その違いがよく分かると思います!

スーパーDアタッカーとDアタッカーのスペックの違い

従来のDアタッカーというのは、5g程度のスプリットリグやキャロライナリグを用いてジグヘッド単体だけでは攻めきれない「D=Distance(遠距離)・Deep(深場)」を攻略するために開発したロッドです。アジやメバルを釣る上で狙い目となる潮流の変化を敏感に感じとることができるよう繊細なソリッドティップを搭載し、なおかつ深場や遠距離のリグに思い通りのアクションを加えることができるバシッとした張りをベリー~バットに持たせたロッドです。

では今回登場するスペリオル・スーパーDアタッカーはどんなロッドなのか?

ここからは詳しくご紹介していきたいと思います!

 

スペリオルSPRS-76MH-S  スーパーDアタッカー【エバーグリーン】

2019年8月中旬登場予定

エバーグリーン公式「スーパーDアタッカー」詳細ページはこちら

スーパーDアタッカーの開発に着手した理由は?ここ数年は、キャロやフロート系など10gを超えるヘビーリグを使った遠距離や深場を攻めたい状況が多くなっていたから

従来のDアタッカーは現在もよく使うロッドなんですが、激戦区で竿抜けスポットを狙ったり、あるいはサーフや磯場などを攻略するために、より重量のあるリグ……10gを超えるキャロやフロートリグなどのヘビーリグを使って、遠距離や深場を攻めたいシーンが増えていたんです!

 

そうなると欲しくなってくるのが、Dアタッカーの良いところ(繊細なソリッドティップ&バシッとした張り)を受け継ぎつつ、より重量のあるリグをストレスなくキャスト・操作できるようロングレングス化・パワーアップしたロッドでした。

 

1 / 4
次へ