ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

こだわるアングラーにおすすめ!ガノア アブソルートAAAとアンチラスト&ゼロフリクションコートのフック【寄稿by恵本将文】

みなさんこんにちは!

山口県でバリバスフィールドテスターとして活動している恵本です。

恵本 将文(Masafumi Emoto) プロフィール

FLASH UNIONフィールドテスター、VARIVASフィールドテスター。 多くのフィールドに恵まれた山口県でバス釣りの腕を磨く。 地元プロショップのトーナメントに参戦し入賞多数。2017年 NBCチャプター中国四国ブロックチャンピオンシップ準優勝。

愛用中のライン、ガノア・アブソルートAAA

僕の行くフィールドはリザーバーですが、リザーバーといえば、さまざまなカバー、インビジブルストラクチャー、ディープフラットなど攻め所が沢山あり、それらを攻略する際にメインで使用しているラインがフロロカーボンのガノア アブソルートAAAです。


出典:バリバス公式ガノア・アブソルート[フロロカーボン]商品ページ

ガノア・アブソルートAAAの特徴

一般的にフロロカーボンは低伸度で感度が良く、耐摩耗性、耐久性などに優れていますが、その中でもガノア アブソルートAAAを好んで使う理由は上記に加え、
・硬くてゴワゴワする感じがない
・しなやかでフッ素コーティングされているので飛距離が伸びる
・吸水による劣化を抑えることで長く使用できる
そして一番の魅力はなんといっても他のラインと比べた時に同じポンド数(強度)でも1ランク細くできるオーバーポンドスペック!!

細いラインは太いラインと比べて
・飛距離が伸びる
・風の影響を受けにくい
・感度がよくなる
・ルアーの操作性が良くなる
・魚の警戒心が薄れる
などメリットが沢山あるので同じポンド数なら細いラインを選択したほうが好釣果にも結びつくと思います。

しかしラインが細いということは、場合によっては魚にも環境にも良くないラインブレイクというデメリットがあるので自分の攻めるポイント、使い方、技量などに応じて太さを使い分ける必要があります。

訪れたのは溜池型のリザーバー

先日、宇部市にある丸山ダムという開けた場所にある溜め池型のリザーバーへ行ってきました。

特徴としては水中に見えない立ち木やスタンプが多く、溜め池型ということでバックウォーター、インレットがなく開けた場所なのでシェードもほとんどありません。

そのため水温が上昇する時期に魚が過ごしやすい場所は必然的にディープウォーターとなります。

この日の表水温は25.4℃でまだディープに落ちるには早いだろうと判断して朝一はシャローを巻いたり撃ったりしましたが反応がありません。

魚探を見ると岬周りの水深7m〜8mぐらいの所にメインベイトのワカサギやブルーギルが映っています。

ガノア アブソルートAAAの4lbとノガレスのジグヘッド ゲンテンを使用したフラッシュユニオンのフラッシュストレート4.3インチやアバカスシャッド2.8インチ・1/16ozジグヘッドリグを投入してみますが反応無し。

そこでレンジは変えずに点在する立ち木やスタンプをフラッシュユニオンのユニオンクローの10gフリーリグで探っていき、最初のフォールでバイトがなければゆっくりとズル引き立ち木やスタンプに当たればステイ。

するとステイ中にバイトがありキロオーバーが釣れました。

ラインはガノア アブソルートAAAの12lbにフックはアンチラスト(錆び止め)とゼロフリクション(フッ素系特殊加工)で刺さり抜群のノガレス フッキングマスター リミテッドエディション ヘビークラスの#2/0を使用することで確実なフッキング!

ユニオンクローにフッキングマスターリミテッドエディション


出典:ノガレス・ フッキングマスター リミテッドエディション ヘビークラス

ちなみにジグヘッド ゲンテンもアンチラスト&ゼロフリクションコートされています。


出典:ノガレス・フッキングマスター ジグヘッド ゲンテン

立ち木やスタンプなどを攻める場合、根ズレによるラインブレイクが気になり14lbぐらいからの太いラインを使用することが一般的だと思います。

しかし、ガノア アブソルートAAAなら高感度なので僅かなバイトも素早くフッキングに持ち込み、バスに主導権を与える前に強引にカバーから引き離すだけの強度を備えています。

僕の経験からだとオーバーポンドスペックの12lbでもまったく心配、問題ありません。

そして同じような所を攻めていくとまたしてもグッドサイズのバスが!!

この日は狙うレンジは変えずに場所と、ルアーをフラッシュユニオンのスーパーダイレクションジグ14g+アバカスシャッド3.3インチに変えていくとポツリポツリ釣れました。

スーパーダイレクションジグのフックもノガレス製でアンチラスト&ゼロフリクションのダブルコートが施されています。

スーパーダイレクションジグ+アバカスシャッド3.3インチ

フリーリグで使用したユニオンクローもアバカスシャッドも塩入りワームですがアンチラストコートされたフックを使用しているので装着したまま保管してもフックは錆びにくくて安心です。

以前、僕のSNSでも紹介したのですが仲間が誤ってタックルを湖に落としてしまいそれから3ヶ月後、減水によって回収することができました。

その時に付いていたルアーがこちら。

スーパーダイレクションジグ+アバカスシャッド4.3インチ

3か月もの間、塩入りワームをセットしたまま水の中でしたがアンチラスト加工されたフックは錆びておらず問題なく使用できるレベルでした。

これから季節が進み本格的に夏になると特に小型〜中型サイズのバスは低水温で過ごしやすくベイトのいるディープフラットに溜まるようになり、数釣りが楽しめるようになります!

このバスにはライトリグ(ジグヘッド、ライトキャロ、ダウンショットなど)への反応が良くその日、その時の状況にルアー、リグ、アクションが合えば連続ヒットにも繋がります。

使用するラインはドラグを上手に使うことさえ出来ればガノア アブソルートAAAなら3lbでOKです。

細いラインを使うメリットは先述したとおりです。

3lbは不安だという方は4lb、5lbでも他と比べたら細くそれでいて強度があるので安心して使用いただき良い釣りができると思います。

ジグヘッドはゲンテン、フックはファインワイヤーで自分から距離のあるディープのバスでも確実にフッキングすることができる刺さり抜群のノガレス フッキングマスターリミテッドエディション ライトクラスがオススメです。

まだガノア アブソルートAAAもアンチラスト&ゼロフリクションコートのフックも使ったことがないという方は実際に自分が使ってみてどうなのかが一番重要だと思うので是非一度試してみてください。

1 / 2
次へ