ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

シーズンインした静岡・駿河湾のオフショアタチウオゲーム攻略法 by杉山代悟

連載:ジャッカルソルト

杉山代悟 Sugiyama Daigo プロフィール

1994年7月生まれの24歳。エリアトラウト界で知らない人はいないエキスパートアングラー。 8歳からエリアトラウトの釣りをはじめ、トーナメントに参戦したのは10歳の頃。 トラウトキング選手権の覇者に与えられるマイスターの称号を過去2回獲得、現在も上位に入賞し続けているスゴ腕アングラー。 そんなエリアトラウトでの活躍に加えて、最近はソルトウォーターの世界も満喫中! 実は静岡の海育ちで実は生粋のソルトアングラーでライトゲームからオフショアのビッグゲームもこなす。 趣味は筋トレで週4でジムに通うほどのマニアだ

皆さんこんにちは。杉山代悟です。

今回はショアゲームではなく、オフショアのネタでございます。

実は僕。駿河湾(静岡県)で親父と一緒に遊漁船をやっております。

駿河湾・清水港を拠点にルアー釣り専門船「ZEST」というお店の名で皆様に旬の釣りを楽しんでいただいております。

「ZEST」の詳細ページはこちら

 

「駿河湾のタチウオ釣り」のチャンスタイムは早朝です!!

さて、私も度々、出船している駿河湾のオフショアの状況ですが、5月頃からポツポツ釣れていたタチウオが、ここ最近水温が上がってきてようやくシーズンイン!となりました!

というわけで、今回は駿河湾・清水沖のタチウオゲームを紹介させていただきます。

 

東京湾や、大阪湾では朝から昼にかけての日中での釣りがメインだと思うんですが、駿河湾のタチウオは朝方、午前3時から8時くらいまでが時合になります。

というのも、それ以降は駿河湾特有の深海に身を潜めてしまうので釣りにくくなるのです。

ちなみに日中などのタチウオのタナは水深70m前後なのですが、前述した朝の時間帯となるとタナが20m〜40mと上がって、シャローで釣れるようになります。

 

 

「独特な釣り方」な駿河湾の朝タチウオ釣り。キモは「スローピッチジャーク」

どんな感じで誘うのかというと、東京湾だと少しハリのあるアンチョビドライバーMや、柔らかくてもLクラスのロッドでワンピッチジャークで誘うのが一般的だと思いますが、駿河湾の朝タチウオはフォールを入れる、いわゆる「スローピッチジャーク」がすごく効果的なんです。

 

目が良いとして言われているタチウオですが、朝方の薄暗い時間帯は同じレンジをフワフワと誘わないと食ってきてくれません。

おそらくワンピッチジャークだと動きが早くてルアーを見失ってしまうからだと思います。

というわけで、駿河湾の朝タチでは水深20m〜40mをスローにフォールを入れながら誘っていきます。

 

ただのスローピッチジャークではない!

一般的にスローピッチジャークというと、ロッドをシャクった時にリールを1回転、もしくは2分の1、4分の1と小刻みにリールを回し、ロッドを反発させつつジグを動かす誘いのことをいうと思います。

ですが、僕らが釣りをしている駿河湾、清水付近のタチウオは、反発させるとルアーが動き過ぎてしまい嫌ってしまう時があります。

 

「アンチョビドライバーエクストロ60UL」

そんな中、ジグを動かしスギないロッドがジャッカルから登場しています。それがアンチョビドライバーエクストロ60ULです。

ジャッカル公式「アンチョビドライバーエクストロ」詳細ページはこちら

 

アンチョビドライバーエクストロ60ULでナイスフィッシュをキャッチ!!

 

 

 

アンチョビドライバーエクストロ60ULはスローピッチジャークしても反発を抑えれるため駿河湾の反発を嫌うタチウオ相手の釣りにもピッタリなんです!!

このアンチョビドライバーエクストロ60ULは、一般的なスローピッチジャーク専用のロッドよりも、反発力を抑えてあり、強めにアクションさせても反発しづらくなっています。

このロッドでアクションさせるとルアーが動きスギず、ちょうどイイアクションを生み出してくれます。

食いが渋い時なんかは2分の1ピッチや、時には4分の1ピッチで、同じレンジをネチネチと探るとアクションさせてからのフォール時に糸が止まるようなアタリが出ます。

使用ウエイトは80g〜130gが1番心地よくアクションでき、水深も50m以下のシャローの時に良いアクションがでます。

それ以上の水深、ウエイトを付けたい場合は、吉岡進さんプロデュースのアンチョビドライバーエクストロ70MLがオススメで、このロッドは早いテンポのワンピッチや、ストロークを生かしたスロージャークがやりやすいロッドになっています。

 

アンチョビドライバーエクストロ関連動画
【タチウオ】″ANCHOVY DRIVER EXTRO” (アンチョビドライバーエクストロ)

出典:ジャッカル公式「アンチョビドライバーエクストロ」詳細ページ

 

 

「ジグはアンチョビメタルTYPE2一択」

ジグはフォールを意識して設計されてあるアンチョビメタルTYPE2がオススメです(ウエイトバリエは80g、100g、130g、160g、200g、250gの6種あり)。

このジグは僕の親父とここ清水エリアでテストをして作ったジグなので間違いありません。

ジャッカル公式「アンチョビメタルTYPE2」詳細ページはこちら

 

駿河湾で多用するウエイトは100gか130g!

カラーはピンク/グローストライプ ☆や、パープル/グローストライプ ☆などのグロー系カラーがオススメです。

オススメカラーはこちらです

 

これからの時期まだまだ楽しめる駿河湾清水のタチウオゲーム。是非遊びに来てください!

 

ピンクグローは間違いのないカラーです。

たまにこんなサイズも出ます笑

 

よく乗ってくれる東海大学釣魚部の部長もアンチョビメタルTYPE2のピンクグローでナイスサイズ。

 

釣った後のタチウオ料理は絶品です!!

三枚におろして、豚バラと大葉、梅肉を巻いて揚げると絶品です。
余った骨も二度揚げしたらスナック感覚で食べれます。

WEB連載「ジャッカルソルト」は毎週  土曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

 

1 / 2
次へ