ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【シェード】夏のバス釣りの基礎講座【インレット】

夏のバス釣り特集

夏バスの基本的な攻略法を「基礎講座」としてご紹介!

今回は「シェード」と「インレット」にフォーカスを当てて見たいと思います!

これを読めば暑い夏でもアツい釣果が待っている!?

夏のバスは居場所を絞りやすい

1年の中でも夏のバスは比較的居場所を絞りやすいです。

ではどういう場所にバスはいるのでしょうか?

暑いのはバスも一緒!ということは…

夏の炎天下というのはアングラーにとってかなり厳しい環境です。

それはバスにとっても同じこと。

ということは「いかにこの暑さを避けるか」がポイントになります。

暑さが避けられる場所はいくつかありますが、ここでは代表的な場所を2つピックアップします。

1つが「シェード」、もう1つが「インレット」です。

分かりやすい避暑スポット、シェード

日光が当たらない日陰のことを「シェード」といいます。

直射日光が当たらない分、当然バスにとっても過ごしやすいわけですね。

オーバーハングの下や岸際も太陽の場所によってはシェードになったりしますね。

水に浮いた植物やゴミ溜まりの下なども代表的なシェードです。

高いキャスト精度が求められる

影になっているところをピンポイントで狙うわけですから、当然高いキャスト精度が求められます。

特にオーバーハングの下にルアーを入れる際にはスキッピングさせる必要があるので何度も練習しましょう。

オススメルアーはフロッグ!

どんどんオーバハングの奥にルアーをキャストする上でどうしても気になるのがルアーのロスト。

特に初心者のうちはロストを恐れてなかなかキャストをためらってしまいがち。

そこでオススメしたいのがフロッグ!

フロッグはその構造上、フックに枝などが引っかかりにくくなっているので驚異の引っかかり回避率を誇ります。

スキッピングさせる上で大切なことがためらいなくロッドを振り抜くこと。

フロッグであればかなりの高確率で生還してくれるのでガンガンキャスト可能!!

スティーズフロッグ【ダイワ】

スピンテールフロッグ【O.S.P】

エビガエル【ノリーズ】

ガヴァチョフロッグ【ジャッカル】

冷たくてキレイな水が入り込むインレット

シェードと並んで代表的な夏のポイントがインレット。

いわゆる流れ込みのことです。

どうしても一か所に水がとどまってしまうと、水質が悪くなってしまいます。

水の中の酸素濃度が下がったり、日光によって温度も高くなってしまいます。

その点流れ込みはフレッシュで冷たい水が供給される場所なのでバスとしても非常が居心地がよくなります。

バス以外にもエサとなる小さなベイトフィッシュも集まりやすいので捕食のためにもやってきます。

トップウォーターやノーシンカー・テキサスなど攻め方は幅広い

インレットを攻める上でのルアーセレクトはかなり幅広いでしょう。

魚の活性が高ければトップウォーターもアリ!

ギルトップ【ノリーズ】

ラウダー70【O.S.P】

ポンパドール【ジャッカル】

スティーズ ペンシル 60F【ダイワ】

トップに反応がなければワームを投入するのもアリ!

テキサスリグやノーシンカーなど、狙っている流れ込みによって使い分けましょう。

夏の2大スポット、「シェード」と「インレット」を攻略して夏バスをゲットしてくださいね!