ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

スロージギングにおけるジグの使い分けをダイワ・清水一成に直撃

ジギング特集

清水 一成(Kazunari Shimizu) プロフィール

実家が釣具店という環境で、幼少時より釣り三昧! 現在は伊勢湾を中心に実力派ジガー・スロージギングのエキスパートとして活躍中! 休日は仲間と釣り場へ足しげく通う日々を送っている。1973年生まれ、愛知県出身 愛知県在住。 ■ダイワ SWチームテスター■(有)ポイント釣具オーナー■伊勢湾ジギング船 39 オーナー

ダイワフィールドテスター・清水一成さんとのスロージギングロケ。

主に使用したメタルジグはソルティガFKジグソルティガTGベイトでした。

清水さんにジグの使い分けを聞いていみると「ジグだけで使い分けるって感じは、正直ないですね。その日の潮、ロッドを見ながらって感じです」と話す。

というワケで、そのあたりを清水さんに直撃してみました!

とその前に、ソルティガFKジグとソルティガTGベイトについて、駆け足で特徴をご紹介。

ソルティガFKジグ

出典:ダイワ

左右非対称ボディのソルティガFKジグは、フォールでヒラヒラ…かつフラッシングしてアピールするジグです。フォルム的にはショートジグとセミロングの中間といったところ。

FKの由来もフォールキラーからきているとのことで、フォールアクションはピカイチ。

フルグローにチカメキントキも

しっかり横を向いてフォールでヒラヒラキラキラしてくれるこのジグは、スロージギングにバッチリ。素早く横を向いてくれるよう、ややフロント側にウエイトをふってあります。

富樫さん会心のマハタはPHグリーンゴールドにヒットした

単調なフォールアクションでなかなかバイトにつながらない…。そんな時は、ぜひ投入したいジグですね。

ソルティガTGベイト

出典:ダイワ

ソルティガTGベイトは、その名の通りタングステン製でシルエットが小さくなるため、ベイト感、つまりエサ感に溢れるジグです。

下側にはエッジがあり、引き抵抗も軽いジグになっています。

小さなベイトを捕食している時などは、バツグンのエサ感のあるソルティガTGベイトは効果的。

1 / 2
次へ