ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【夏の相模湖を攻略】ノリーズ・山口敦史の切り札!「カメラバ」編

夏のバス釣り特集

山口 敦史(Atsushi Yamaguchi) プロフィール

ノリーズプロスタッフ。相模湖をホームとするアングラー。チャプターやH-1グランプリでは多数優勝、入賞を果たしている実力派。2018H-1グランプリでは年間総合2位。

ノリーズプロスタッフの山口敦史さんが、スイッチオントレーラーの虫仕様とパワーフィネスを駆使して、相模湖の夏バスを攻略! ここではパワーフィネスで使用したリグのひとつ、「カメラバ」についてアレコレ聞いてみました。

カメラバ+スイッチオントレーラー

パワーフィネスでスモラバを使用する際に、核となるノリーズアイテムがスモラバジグ「カメラバ」とトレーラーワームである「スイッチオントレーラー」の2つです。

出典:ノリーズ

出典:ノリーズ

山口さんも、カメラバ(4g)+スイッチオントレーラーの組み合わせで使用していました。

セッティング方法

スイッチオントレーラーを使用する時に、テール部分をカットするアングラーもいるかと思いますが、山口さんはテールは残しています。

その理由は、相模湖ではベイトフィッシュを食べているバスも多く、このテールが中層でヒラヒラとベイトフィッシュライクに動くためだといいます。

そしてもう一つの工夫が、大きい方のアーム2本はカットして使用している点。

矢印部分に本来ある大きいアームはカットしてセット

これは、カバーの奥に撃ち込んだ時に抵抗となるパーツを少なくしてスリ抜け性能を重視しているから。

1 / 2
次へ