ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

完全保存版!「バケットマウス」にオススメのオプションパーツをドドンとご紹介!【オフショアジギング編】

ジギング特集

明邦化学工業の座れる収納ボックス「バケットマウス」。

オフショアアングラーの定番タックルボックスといっても過言ではありません。

大容量でシステム収納ができて、しかも座れる。サイズも3展開です。

座れる収納BOX「バケットマウス」シリーズ3サイズを比較!

座れる収納BOX「バケットマウス」シリーズ3サイズを比較!

あと、なんといっても便利すぎるオプションパーツが多彩なトコロが魅力!

すごーくたくさんのオプションパーツがあるんですが、今回はオフショアアングラーにおオススメしたいアイテムをピックアップしてお届けしましょう!

オプションパーツってなんぞや?なぜ便利なの?

分かりますか?左に右に、上にと、めっちゃカスタムされています。

ちなみに元のボックスだけの状態はこんな感じです。

「バケットマウス」シリーズには、アングラーなら誰もが便利だな~と思える、快適なオプションパーツが多数リリースされていて、現在も進化中。

やっぱり自分のタックルボックスですもん、自分流にカスタムしたいじゃないですか?

しかも専用設計なので一体感ありまくりで、超システマチックで機能的に大変身。

ちなみに、基本的にはボックスの左右にある多目的ホルダーとよばれるこの穴が開いた部分に装着するシステムになっています。

そんなオプションパーツの数々を、1つずつご紹介していきますね。

まずは、一度使うとなくてはならなくなる、ロッドスタンドから!

ロッドスタンド BM-250 Light

このロッドスタンドのいいところは、装着が超簡単なことと、微調整ができるところと、カラフルなカラーもあるので、コーディーネートも楽しめるところ。

装着方法は、ロッドスタンドのアタッチメントをホルダーに差して、カバーをかぶせて、スタンドの高さと台座の位置を微調整する、以上!

詳しくは動画をご覧ください!

こんな感じで、高さも3段階で調整できます。

ちなみにこのロッドスタンドにはもう1アイテム、サイズ違いのバージョンもあります。

ロッドスタンド BM-300 Light

見た目はほぼ一緒ですが、長さと径が違います。グリップの径が太いロッドを使用する場合や、ボックスの高さとのマッチングでセレクトしてもらうといいと思います。

2アイテムのスペック表

ロッドスタンド BM-250 Light ロッドスタンド BM-300 Light
サイズ 50×54×283mm(台座幅100mm) 65×71×333mm(台座幅100mm)
カラー クリアレッド×ブラック
クリアブルー×ブラック
クリアブラック×ブラック
クリアオレンジ×ブラック
クリアレッド×ブラック
クリアブルー×ブラック
クリアブラック×ブラック
クリアオレンジ×ブラック
スタンド穴径 35mm 45mm
メーカー販売価格 2300円 2700円
続いては、このロッドスタンド専用の拡張アイテム!ロッドスタンドがさらに進化します!

マルチホルダー BM-25 (ロッドスタンドBM-250Light専用)

ロッドスタンド専用のパーツ?文字だけで見るとイメージがつきにくいかもしれませんが、これが非常に便利!

この画像を見てもらうと分かりやすいんですが、ロッドホルダーにこのパーツをセットすると、こういった感じで、さらにオプションパーツが装着できるんです!これぞトランスフォーマー。

このマルチホルダーは、「ロッドスタンドBM-250 Light」専用です。

なので、「ロッドスタンドBM-300 Light」専用のマルチホルダーもラインナップ。

マルチホルダー BM-30 (ロッドスタンドBM-300Light専用)

機能は同じ、見た目もほぼ同じなので、お間違いのないように!

取付方法はコチラを参考に!

2アイテムのスペック表

マルチホルダー BM-25 マルチホルダー BM-30
サイズ W83×D78×H73mm W96×D86×H82mm
装着可能ロッドスタンド BM-250Light BM-300Light
メーカー販売価格 700円 700円

マルチホルダーに装着されているオプションパーツについては後のほどご紹介しますが、こんな感じ取付けられます。

この「マルチホルダーBM⁻30」には赤の「ルアーホルダーBM」と、「トレイ BM-L」が装着されています。

続いては、この超便利そうなトレイ!
1 / 3
次へ