ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ジャッカルのソルトキャスティングロッドBRSシリーズでチヌゲームにオススメの1本はコレ!

チヌゲーム特集

チヌゲームの時、みなさんはどんなロッドを使われているのでしょうか?

もちろん専用のロッドも各メーカーさんからリリースされていますが、けっこうほかの釣りのロッドを使っている人も多いのではないでしょうか。

そもそも、ロッド選びって悩んじゃいますよね。ルアーフィッシングにはさまざまな専用ロッドが存在しますが、まずはじめはバーサタイルで、幅広いシチュエーションに対応するタイプから考えますよね。釣り込んでいくうちに、もっとこういった感じの…とか、こういうルアーで釣りたいから…など、好みがでてきたりするものですが、最初の1本は汎用性が高いタイプがいいですよね。

そこで!チヌゲームのファーストチョイスに超オススメしたい1本があります。

というか、チヌゲーム以外にもショアキャスティングゲーム全般、さまざまなスタイルに対応するシリーズがあるのをご存知でしょうか?

それが、ジャッカルの「あらゆるソルトウォータ―ゲームに対応するショアキャスティングロッドシリーズ」の「BRS(ビーアールエス)」なんです。

出典:ジャッカル

BRSって知ってる?ジャッカルのショアキャスティングロッドはソルトシーンでマルチに活躍することウケアイ!

過去の記事でもお伝えしているのですが、BRSは、Bay(湾)、River(河川)、Surf(浜) という最もポピュラーな釣り場の頭文字を組み合わせたネーミング。

現在、7機種のラインナップがあるのですが、今回はチヌゲーム用にオススメの1本に注目!

これ1本あれば十分にチヌゲームが楽しめてしまうお手軽さで、杉山代悟君もイチオシ。

杉山代悟 Sugiyama Daigo プロフィール

1994年7月生まれの25歳。エリアトラウト界で知らない人はいないエキスパートアングラー。 8歳からエリアトラウトの釣りをはじめ、トーナメントに参戦したのは10歳の頃。 トラウトキング選手権の覇者に与えられるマイスターの称号を過去2回獲得、現在も上位に入賞し続けているスゴ腕アングラー。 そんなエリアトラウトでの活躍に加えて、最近はソルトウォーターの世界も満喫中! 実は静岡の海育ちで実は生粋のソルトアングラーでライトゲームからオフショアのビッグゲームもこなす。 趣味は筋トレで週4でジムに通うほどのマニアだ

チヌゲームにオススメのBRS-S76L

マットなブラックでシンプルなデザイン。

ライトアクションですが、チヌやキビレのパワフルなファイトにフレキシブルに対応する強さも持ち合わせています。

7フィート6インチというレングスは、河川や水路、港湾部で取り回しのよい長さで、ストレスを感じません。

シャッキリとしたブランクスで、ボトムや障害物をしっかりと感じられる感度。チヌのボトムゲームにベストマッチです。

チヌゲーム最適なモデルですが、マックスで15gまで背負えるので、小型のメタルジグやルアー全般もキャスト可能。

ガシラ(カサゴ)や小型のハタ系ロックフィッシュなども狙えちゃいます!これ1本でライトゲームの幅が広がりますね!

これからチヌゲームをはじめてみたいなという人に、まさにオススメの1本。

ちなみに代悟君のタックルセッティングはこんな感じです。

ROD :  BRS-S76L[ ジャッカル]

REEL : ステラC2000S [ シマノ]

LINE : PE0.4号

LEADER : フロロカーボン1.2号

ぜひお気に入りのロッドを持って、身近なフィールドで楽しめるチヌをゲームにチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

代悟君の淀川実釣動画もご視聴くださいませ!