ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エコギアのロッククローに3つの新色が追加!

近年盛り上がりを見せているロックフィッシュゲーム!

トーナメントも各地で行われ、熱い戦いが繰り広げられています。

エコギアのロッククロー2”はそんなトーナメントで何度もウイニングルアーに輝いてきました。

ロッククロー2”に新色が追加!!

そんなロッククロー2”に新たに3色が追加!

追加されたのは468 スパークルチェリーブランデー、471 リアルイソガニ、477 ハーミットクラブの3種類。

468 スパークルチェリーブランデー ※鹿野栄健ロックフィッシュエキスパートチョイス

468 スパークルチェリーブランデーはロックフィッシュ激戦区の東北で活躍するエコギアプロスタッフの鹿野栄健さん監修のカラー。

ロックマックスに昨年追加されたカラーでもありますね!

このスパークルチェリーブランデーはもともと鹿野さんがアメリカ製のワーム用染料を使って自分で染めていたシークレット勝負色だそう。

このワーム用染料が入手不能になってしまったことがきっかけで開発されることに!

ラスティーなダークレッドをベースに様々なサイズのゴールドフレークがアピール度をアップ!

今回このカラーがロッククローにも追加されました。

471 リアルイソガニ ※ロックフィッシュトーナメントセレクト

ロックフィッシュの代表的なベイトである甲殻類。

その中でも代表的な甲殻類の1つがイソガニ。

元々ロッククローには「217: イソガニ」というカラーがありました。

217: イソガニ

このイソガニをさらにリアルに再現したのがまさにこのリアルイソガニ。

477 ハーミットクラブ ※三上顕太ロックフィッシュエキスパートチョイス

ハーミットクラブというのはヤドカリの英語名です。

北海道のエコギアプロスタッフ三上顕太さんがプロデュースしたのがこのカラーです。

「クリアウォーターに強いカラーが欲しい」という考えから生み出されたそう。

そしてアイナメの中でも大きい個体はヤドカリを捕食しているというのが知る人ぞ知るシークレット。

実際にヤドカリをエサにしたところ、デカいアイナメからためらいなく深いバイトがあったそうです。

その経験からヤドカリをイメージして開発されたのがこのハーミットクラブ。

すでに三上さん自身このカラーで抜群のコンディションのアイナメをゲットしているようですよ!

新たに追加されたロッククローの新カラー。

どれも釣れそうですね!

エコギア・ロッククローのページはコチラから!