ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

オンスタックルうらら「現場イズム」大阪湾・湾奥オカッパリちょこっとアジング現場レポート

連載:オンスタックルうらら「現場イズム」

今回は湾奥オカッパリ・アジング!20時スタートのちょこっとフィッシングへ!

こんにちは、オンスタックルの「うらら」こと浦 満晴です。

うらら(浦 満晴)(Mitsuharu Ura) プロフィール

マナティーやワインド釣法でお馴染み!オンスタックルの「釣り担当」。メインの仕事はとにかく現場で実釣を行い、その経験&ノウハウを製品作りに役立てること! 連載タイトル通り、まさに現場イズムを貫いているアングラー! 実際、春夏秋冬1年中、旬のSWターゲットを追い求め壮絶なランガンを繰り返す生活を送っている。ワインドゲームは大好物だけど、犬はチョ~苦手!

 

さて、大阪湾各エリアでアジの声が聞こえてくる中で、新月回りで下げ潮で釣行できそうなタイミング!

日没のゴールデンタイムからの下げ潮にドンピシャに釣りができるので、テンションアップで現場へ!

 

向かったのは大阪湾の岸和田~泉佐野エリアの湾奥

今回向かったのは以前のホーム、岸和田~泉佐野エリアの湾奥!

20時スタートのちょこっとフィッシングです♪

 

一投目からジグヘッド0.45g+「アジつくし」にコンっ!

で、最初のポイントに到着し、1投目・・・ツンっ!

居てる!

2投目、コンっ!  ひと呼吸おいて遅アワセでヒット!

超やわらかい、生ワーム「アジつくし」は吐き出されにくいので遅アワセでもOK!

幸先良いヒットにうれしさ半分、不安が半分。

 

というのも、だいたいこんな時ってあとが続かない…。

そんなことを思いながらの3投目、コンっ!

立て続けに2匹目をキャッチ♪

ジグヘッド0.45g+アジつくし(AJT-6 スーパーグロー)でキャッチ!

オンスタックル公式アジつくし 詳細ページはこちら

 

サービスタイムが終わると動かない潮に苦しめられる時間がスタート…

これはイケるかも?! と思ったのが運の尽き。

サービスタイムが終わると動かない潮に苦しめられる時間の始まり。

時折ある極小さなアタリ。

そんな掛からないアタリに付き合わず、移動しながら少しでも潮の動きがありそうな場所へ。

 

表層からボトムまで探り続けること約1時間。

久々のアタリはボトムべったりで!

小さなアタリながらも、すっぽり丸飲み!

 

極小なアタリの正体は⁉

で、コレ以降アジの気配は消え、再びあの極小さなアタリが復活!

アジか? メバルか? 小さいのか? それともショートバイトなのか?

約30分、試行錯誤の末に暴いたその正体は・・・

小サバ(笑)

更に続いてメバル(笑)

こうなると、もうアジは期待薄ということで22時30分、ちょこっとフィッシングのタイムリミットとなりストップフィッシング。

 

結局、ずっと下げ潮を釣っていたのに全く、まったく潮は動かず。

それどころか潮位もほとんど下がらずとはどういうことなのか?

 

結果 19cm前後のアジが3匹、小サバ1匹、メバル15cmクラスが1匹でした(^^)

新月回りのこの潮に期待したものの、いやいや・・・やってくれます。

下げの潮がええ感じに効き始める時間帯に全く潮が動かず…。とくに今日なんか…。またリベンジしてきますね!

 

 

使用タックル

ロッド:カスタムロッド6.3

リール:ダイワ 18イグジスト FC LT 2000S-P

ライン:YGKよつあみ チェルム アンバーコード SG D-PET 1LB

リーダー:YGKよつあみ GP Z_0.6号

ジグヘッド:デコイ ロケットヘッドプラス  0.45g、0.6g

ルアー:オンスタックル アジつくし1.9 in ※6月中旬発売予定

 

 

 

WEB連載 オンスタックルうらら「現場イズム」は毎週  火曜日 配信!過去の連載記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

 

 

1 / 2
次へ