ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

SWオカッパリの注目スタイル「マイクロジギング」のススメ【寄稿by磯村 満】

磯村 満(Mitsuru Isomura ) プロフィール

名古屋港周辺をホームに雨ニモマケズ風ニモマケズ…悪天候を物ともせず、ライトSWターゲットをメインに旬なターゲットを求めフィールドに通い続ける。最近ではライトタックルを用いたスタイルにハマり中。1971年8月生まれ。愛知県出身・在住

こんにちは!名古屋港周辺をホームにほぼ毎日湾岸パトロールをしている磯村です。

最近流行りのオカッパリSWでのマイクロジギングゲームをご紹介!

今回は最近流行りのオカッパリSWでのマイクロジギングゲームについて紹介をさせていただきます。

まず『マイクロジギング』とは何ぞや?ってところからですが、マイクロ=「極小・小さいもの」を表す言葉なので、その名の通り小さく軽いジグを使ったジギングになります。

小さい軽量ジグを使う『マイクロジギング』は、重たいジグを使う場合のように専用ロッドなどは必要なく、エギングロッドやシーバスロッドで問題なく対応できるので、シーバスを釣りに行ったついでに、エギングに行ったついでに、お手軽に出来るスタイルです。

今回はそんな軽量ジグを使ったマイクロジギングでロックフィッシュを狙ってきました!

まず狙うポイントについて、遠投しても使えますがやはり軽量ジグなので流れが速い時はすぐに流されてしまいます。

したがって、やはり堤防の足元や石積みのカケアガリがお勧めです。

使用する軽量ジグはギャロップベイビー

 

誘い方は着底から軽くワンピッチでシャクってリアクションを狙うパターンとタダ巻きなど

誘い方は着底から軽くワンピッチでシャクって誘うリアクションのパターンが多いですが、実はタダ巻きも効果的です。

ギャロップベイビー】自体はロッドを動かさずただ巻くだけでも海の中では流れを受けて少しずつでも動いています。

高活性の場合は派手に大きく動かせばかなりの確率でバイトが出ますが、そんな状況に遭遇できるのは少ないですよね。活性の低いとき程派手に動かないルアーに反応が良いのはワームを使用した場合でも同じです。

 

 

 

一番バイトが多いのは実はキャストして着底までのフォール中

様々なアクションで釣果はでますが、実は一番バイトが多いのはキャストして着底までのフォール中なんです。

ストラクチャー周りに身を潜めてエサとなるベイトを待っているので、私自身は魚がルアーとのファーストコンタクトのタイミングが重要だと考えています。

この【ギャロップベイビー】ですが【ギャロップアシストフォールエディション】のダウンサイジング版です。

フォールでの誘いに特化した形状なので、フォール中にはただ落ちていくのではなく、ヒラヒラして落ちていきます。

なのでフォール中にバイトが多発するのも納得ですよね。

探る範囲はバーチカル的な感じになるので、キャストもアンダーからでOKです。

そしてフォールから着底する時にバイトの確率が高いので、最初に着底までに要するタイミングをカウントして調べてください

そのタイミングを把握しておけば着底する前に指でラインを押さえてサミング、ベイトの場合はクラッチを切っておけばバイトが出てもフッキングさせる事ができます。

 

軽量メタルジグは根掛かりしにくい!というメリットもある!

ボトムまで落とすとどうしても根掛かりがつきまとってきます。

重たいジグやバイブレーションなどは、なかなか外すのに一苦労しますが、この【ギャロップベイビー】は軽量なので、引っ掛かった場合でも無理に引っ張らず、引っかかった瞬間に一旦力を緩め、ロッドを立てて軽く振動を与えてやると簡単に外れる事がほとんどです。

 

今回はロックフィッシュ狙いのマイクロジギング釣行でしたが、ほかにはメッキやカマス・メバルやアジなどライトゲームのターゲット全般を狙う事が出来ます。

ぜひ色んなターゲットを狙ってみてください!

1 / 2
次へ