ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

オカッパリバス釣り!沈み虫系「ヤゴーン」の使い方とリグチューン法【寄稿by一拓也】

一 拓也(Takuya Hajime) プロフィール

大阪市内を流れる淀川(よどがわ)がホームグラウンド。淀川以外にも、気になる野池や川などをヒマさえあればランガンチェックするのが日課なオカッパリ好きアングラー。

こんにちは!一拓也です!

府中湖と野池に釣行!沈み虫系の「 ヤゴーン」中心にいい釣り出来ました!

今回はホームリバーの淀川(大阪府)から離れ、 四国・香川県のメジャーフィールドの府中湖(ふちゅうこ)と野池に、YouTube「はじめちゃんねる」の撮影に行ってきました!

ただでさえプレッシャーの高いフィールドで、しかも休日の釣行となったのですが、結果的には沈み虫系の「 ヤゴーン」中心にいい釣り出来ました!

 

ヤゴーン関連動画

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

 

回遊してくる魚のヤゴーンのチョウチン釣りで40cmUP

府中湖では、2時間ほどしか出来なかったものの、 足場が良い所に生い茂る、木を使いヤゴーンの提灯釣りで、40cmUP!

この魚は回遊してくる魚を狙ってのブラインドでのチョウチン釣り!  バスは見えていませんでしたが長めの水面シェイクできました!

 

 

回遊してくる デカバスにはヤゴーンのダウショットも投入!

メリハリのあるアクション からの、フォールで50cmUPを仕留めることができました。

カラーはヌマエビ。見た目は薄い色ですが、 クリアレイクの水中に入れると、けっこうな存在感があるんです。

 

ちなみに僕自身、サイトフィッシングで1番多用するのがヤゴーンのこのヌマエビカラー 。投げて、フォールさせ、バスに見させてチョンッ! っと動かすのが誘い方の一連の流れです!ぜひ試してみてくださいね。

ジャクソン公式  ヤゴォォォォン詳細ページ→こちら

 

 

ヤゴーンの「スッポ抜け対策チュ ーン」をご紹介

それから、アフタースポーンの時期にヤゴーンで狙う時に効くチューン「スッポ抜け対策チュ ーン」を紹介させていただきます。

 

アフターのバスはどうしても吸い込みが弱く、 甘噛みが多い場合があるんですが、そんな時に試してもらいたいのがこのチューン!

具体的にどうやるのか?というと…。

ここの第1リブをカットして、チョン掛けするだけ!

 

↓これはチューン前のノーマル

 

↓ヘッド部分の次の関節をカット

簡単なチューンではあるんですが、コレで激的にスッポ抜けが減ります。

今まで、すっぽ抜けて悔しい思いをした人も、 是非、試して下さい。

 

 

 

 

さて、野池でもヤゴーン攻めがサクレツしてくれました。

完全にエサって感じで躊躇なく50cmUPがバイトしてくれました!

さらに風が吹いたタイミングで、フローシャッドの巻き展開でもイイ反応があり、シャローとブレイクをストップ&ゴーの王道な狙い方で 釣れてくれました!

 

以上が今回の釣行のヤゴーンを中心とした府中湖&野池の釣りのレポートでした!

なおこの釣行では動画撮影も行ったので、YouTube「はじめちゃんねる」で公開させていただきますので、チェックいただけるとウレシイです!

 

1 / 2
次へ