ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ドゥルガ73F】O.S.Pの阿修羅シリーズ・ドゥルガにフローティングタイプが登場!

昨年O.S.Pの阿修羅シリーズに追加されたドゥルガ。


このドゥルガはSP(サスペンド)モデルでした。

そしてこのドゥルガに2019年6月上旬、フローティングモデルが登場!

阿修羅シリーズにあらたに仲間入り!ドゥルガ73F

O.S.Pの阿修羅シリーズのサイズ比較がこちら!

上からルドラ130F、ヴァルナ110F、アシュラ925F、ドゥルガ73SP、ドゥルガ73F

パッケージで並べるとこんな感じ!ドゥルガ73Fは一番右

阿修羅シリーズのDNAともいえるフラットサイドボディを踏襲しています!

フラットサイドボディによってラウンドボディよりも強いフラッシングと水押しを発生させることができます。

細身でありながらも容積を稼ぐことができ、ウェイトを増やすことでロングキャストも可能になっています。

ちなみに「ドゥルガ」という名前は「ルドラ」や「ヴァルナ」同様にインド神話に登場する神の名前なんです!

優雅で美しい外見ながら恐るべき戦いの女神とされているのが「ドゥルガ」だそう。

一番大きなルドラ130と比べるとこんな感じ

サスペンドモデルとの比較

上が昨年発売されたサスペンドモデル。下が今回登場したフローティングモデル

元々あったサスペンドモデルと比較するとこんな感じです。

サイズはともに73mm、ウエイトはサスペンドモデルが4.7g、フローティングモデルが4.4gと少し軽くなっています。

ショートムービーはコチラ!

マグネット重心移動システム

どちらもマグネット式の重心移動システムを採用しています。

軽い力のキャストでも安定した飛行姿勢で抜群の飛距離をだすことができます。

潜行深度は共通

潜行深度はサスペンドモデル・フローティングモデル共通でスピニングタックル(フロロカーボンライン4lb.使用)で水面下1.4m、ベイトフィネスタックル(フロロカーボンライン8lb使用)で水面下1.2mとなっています。

ドゥルガ73Fの特徴

スローからファストまでさまざまなリトリーブスピードに対応し、安定したハイピッチウォブンロール。

ジャークすればフラッシングしながらキレのあるダートアクション。

軽めにショートトゥイッチしてやれば表層付近を攻めることも可能。

短い移動距離で表層から水面下までナチュラルなアピールでバイトを誘うフィネストップウォータープラグにもなります。

早春から初冬まで1年を通して幅広い期間で活躍してくれます。

73mmというサイズ感もフィールドを問わずどこでも使いやすいですね。

フローティングによるメリット

フローティングによるメリット①浮くものに対しての興味を持つタイミングに効く!

バスがフォールになかなか反応しないというタフな状況。

そんなときは水面へスローに浮いていくことでバスが水面にベイトを追い詰めた錯覚に陥り、圧倒的な反応をしめすことあります。

フローティングによるメリット②障害物を浮かせてかわす!

水中のストラクチャーにコンタクトした瞬間にラインを緩め浮かせてやると水中のストラクチャーをかわすことができます。

ドゥルガ73Fの浮き速度の目安は1秒に約10cm程度です。

フローティングによるメリット③フィネストップウォータープラグとして使える!

軽めにトゥイッチしてやれば表層をチャプチャプさせたり、フラッシングしながら水面下へだいぶしれくれます。

短い移動距離で表層から水面下までナチュラルにアピールできます。

フローティングによるメリット④よりキレのあるアクションがだせる!

サスペンドモデルと同じボディ形状なのでサスペンドに比べて物理的にアクションレスポンスとキレが増し、よりバスにアピールすることができます。

カラーバリエーション

カラーは全11色となっています。

スペック

ASURA O.S.P DURGA73F(ドゥルガ73F)

サイズ:73mm

ウェイト:4.4g

タイプ:Floating

フックサイズ:#8

カラー:11色

価格:1,650円(税抜)

1 / 2
次へ