ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エギングタックル最前線【エギ関連メーカー13社の最新情報をお届け】エギングサミット2019会場より!

2019年5月26日に、エギングの超ビッグイベントとして広く知られている「紀伊半島エギングサミットin田辺」(主催=紀伊半島エギングサミット実行委員会)の取材に行ってきました。

紀伊半島エギングサミットin田辺 公式Facebookページはこちら

このイベントでは、著名エギング関連メーカーのブース出展があり、いろんな最新エギングタックルの展示がされていました!

ちなみに出店メーカーは13社!! 多いっ!!

また会場には各メーカーの豪華テスター陣がこぞって来場していたので、そんなテスターのみなさんに最新エギングタックルについて色々とお話をうかがうことできました!

というわけでメーカーごとに色々な最新エギング関連アイテムをご紹介!

 

 

エバーグリーン
エバーグリーンブースではエギング界の帝王「重見典宏」さんと、百匹屋の吉崎俊キャプテンが!
エギ番長の新色などが展示されていました!
重見さんが持っているのはEGパーミングサポーター!

 

吉崎さんが持っているのはエギ番長の2019年新色。このイベント直前にもこのカラーでデカイカをゲットしたところ!とのこと

エバーグリーンインターナショナル(EVERGREEN INTERNATIONAL)

昭和63年12月設立、大阪市西区を拠点とする総合ルアーメーカー。名竿コンバットスティックシリーズの各バスロッドブランドや実釣力の高い各種バスルアーを多数輩出。またエギングやジギング、ライトSWなどSWゲームの各魚種をターゲットにしたポセイドンシリーズのロッドやルアーも高い支持を集めている。

 

 

 

ダイワ

ダイワブースには、「たまちゃん」こと野村珠弥さんや、「きもちっち」こと木森直樹さんが!

人気のエメラルダスラトル&同RV(ラトルバージョン)などの展示が!

 

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!

 

 

 

デュエル
デュエルブースには池内修次さんや、たくさんのテスターが集結!

2019年発売されたてホヤホヤの「アオリ―Qフィンテール」や「イージーキューキャスト喰わせ」などの展示が!

DUEL

1967年創業の老舗! 福岡県福岡市を拠点とするバス釣り&SW各魚種向けのルアー、エギ、フィッシングライン中心に手掛ける釣り具の総合メーカー。 デュエルの人気主要ブランドは3つ! 国内向けのルアーと釣り糸を主に扱う「デュエル(DUEL)」 主にイカ釣り製品と海外向けルアーを中心に扱う「ヨーヅリ(YO-ZURI)」 ラインやルアーを主に扱う「ハードコア(HARDCORE:釣糸、ルアー)」

 

 

 

がまかつ

がまかつ・ブースでは「丹後の大ちゃん」の愛称でお馴染みのLUXXEスタッフの『木下大介』さんが!

ブースでは『EVOLIDGE(エヴォリッジ)』や 注目のエギングロッド『LUXXE EG-RR』や『LUXXE EVOLIDGE(エヴォリッジ)BASIC(ベーシック)』などが!!

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。

 

 

 

ガンクラフト
ガンクラフトブースにデカイカハンターとして有名な金谷達樹さんが!

金谷さんが持っているのはスーパーバイオレンスジャーク GC-SVJ74-00 MS!ビッシバシにシャクりたい!

 

ブースではデカイカハンターたちに人気の餌木邪や魚邪、シャクレイジーカラー、新作バックパックなどが展示されていました!

 

ガンクラフト(GANCRAFT)

自然豊かな和歌山県田辺市を拠点に、天才ルアークリエイター平岩孝典氏が社長をつとめるルアーメーカー。元祖S字系「ジョインテッドクロー」シリーズやキラーズシリーズのルアーやロッドなどの人気バスアイテムだけでなく、餌木邪やコソジグなど、こわだりのソルトウォーターアイテムを続々と輩出中。

 

1 / 3
次へ