ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

桧原湖の絶対定番!!ハイカットDR-SP!!【寄稿by本田賢一郎】

こんにちは本田賢一郎です。

本田 賢一郎(Kenichiro Honda) プロフィール

O.S.Pプロスタッフ。学生時代は桧原湖に通いつめ、2017年からはJB桧原に参戦。卒業後は霞ヶ浦水系の釣りに魅了される。ストイックに釣りに集中するため霞ヶ浦近郊へ引っ越し、オカッパリアングラーとしてフィールドを駆け回る毎日。様々な状況に適応しながら釣果をあげるテクニックを磨きつつ、オカッパリの楽しさをより多くの方へお伝えしていく事が目標! 「K.HONDA GUIDESEAVICE」として桧原湖でガイドも行う。

桧原湖開幕!

桧原湖開幕しましたよー!

みなさん、桧原湖のシーズンが開幕です!

メインはシャッド

春! やはりメインはシャッド。

水深のある桧原湖でメインとなるのは、ハイカットDR-SP!

ハイカットシリーズは桧原湖でも沢山の方に使用していただいていると感じています。

ハイカットDRの長所としては、飛距離、安定してハイピッチで泳いでくるただ巻き、ジャークした時のキレ、止めた時の姿勢。

まぁ長所ばかりなのですが、今回は私がいつも使用している、長所を更に活かせるタックルセッティングをご紹介。

ハイカットオススメタックル

ロッド:LかMLのスピニングタックル

ライン:PE0.6か0.8号&リーダーフロロ5〜8lb

ラインをPEにすることにより飛距離が伸びる、手元に伝わる感度が上がる、シャッドを動かしたときのキレの良さが上がるので、シャッドの釣りに関しては良い部分ばかりです。

PEを少し太めにすることで一本で色々な釣りにも対応できるんです。

表層もですし、虫ルアーのちょうちん。春蝉も見えてきたので、虫も楽しめる時期になってきますね。

バンクに落とし早巻きして止める!

私の春の使い方は、バンクにタイトに落としてボート際まで早巻きし止める!の繰り返しで流していくことが多いです。

巻きでバイトしてくるバスも、止めた時にバイトしてくるバスも半々くらいに感じますが、水温がまだ低い時期のショートバイト対策は、しっかりシャッドを止めることです。

『ジャークで食わせたときは掛かりが浅くてバレるんだよなー』と聞きますが、止まっているシャッドが食いやすいに決まってるので、しっかり食わせる間を作ってあげることが重要です。

私は早巻きでスイッチを入れて追わせて、最後にボート際で止めてバイトさせる!

巻くスピードはかなり速めです。

ここぞというポイントでのスピードはシャッドが真っ直ぐ泳ぐ限界ぐらいです。

ガイド中、お客様からはこんなに早く?と言われますが、たぶん人間がリールで巻くスピードよりバスが本気で泳ぐスピードの方が速いと思うのでOKですし、何といっても実際に釣れてるのでOKです。

早巻き時のフックセッティング

早巻きでは少しだけセッティングを変えています。

それがコチラ↓フックサイズを変えています。

フックサイズを大きくすることで、フックの重さが増すことにより重心が少し下になります。

ハイカットの通常のフックでも真っ直ぐ泳ぐパワーは偉大ですが、更に力を注入!

重心が下であれば、早巻きしても真っ直ぐブレずに泳いでくれます。

またフッキング率も上がるため、基本的にはフックをワンサイズ大きくして使用しています。是非試してみてください!

表層ゲームも本格化!

HPミノー3.1が釣れてます!

釣って、見えて、楽しい表層ゲーム!

ガイドゲストも募集中ですので、お問い合わせお待ちしております。

1 / 2
次へ