ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【アジつくしmini (1inch)】オンスタックルから超柔らか素材「EXスーパーソフトマテリアル」採用のNEWアジングワームが登場

こんにちは、オンスタックルの「うらら」こと浦 満晴です。

うらら(浦 満晴)(Mitsuharu Ura) プロフィール

マナティーやワインド釣法でお馴染み!オンスタックルの「釣り担当」。メインの仕事はとにかく現場で実釣を行い、その経験&ノウハウを製品作りに役立てること! 連載タイトル通り、まさに現場イズムを貫いているアングラー! 実際、春夏秋冬1年中、旬のSWターゲットを追い求め壮絶なランガンを繰り返す生活を送っている。ワインドゲームは大好物だけど、犬はチョ~苦手!

今回はこれからシーズンを迎えるアジングシーンで活躍間違いなし⁉ そんなアイテムを紹介します!

さて、コツっと硬質なアタリが心地よいアジですが…掛からないアタリに悶絶することもしばしば、ありますよね  (;^_^A

あっ・・・とか。  うっ・・・とか。  クソっ・・・とか(笑)

吸い込んで捕食する力が弱く、ワームが口の中に入り難い。そんな悶絶モードに陥る時の原因の1つが低活性時のセレクティブな状況。

さらに、小さな物を偏食している時(一般的にアミパターンと呼ばれる)、必要以上に口を大きく開かない為、これまた悶絶モードに…。

そんな時に試していただきたいワームがあります。それは…!

 

アジつくしmini【オンスタックル】

アジつくしminiは、オンスタックル史上もっとも小さいワームで、サイズは、なんとっ約1インチ!


オンスタックル公式アジつくしmini   詳細ページはこちら 

このアジつくしminiを作るキッカケとなったのは2014年の2月某所でアジングをしていた時のこと。

その時はサビキ釣りのアミエビに対抗すべくカッティングベイト 2in Hを8節カットすることで人工的なアミパターン(笑)を演出、状況を打破できたんですが…。

その時から長らく水面下で息をひそめていたプロトモデルがあったのですが…。

 

そんな中、世界一、柔らかい(?)ワーム素材 「EXスーパーソフトマテリアル」の登場により製品化が急浮上! 新たに設計し直した形状となり、アジつくしminiが登場しました!

常夜灯の下や漁港内など、アジが集まっているエリアや15cmまでの小型が多い時期に◎。このワームのおかげで、ワームをカットしなくてよくなりました(笑)。

アタっても掛からなかったあのアタリ。

まだ、諦めるのは早いかもしれませんよ!

 

 

【アジつくし関連動画】「ターゲットはアジ!世界一、柔らかいワーム「アジつくし」&「アジつくしmini」で狙う淡路島のアジ ジグ単 編」

出典:YouTubeチャンネル「oztackle」

 

 

アジつくしminiは2019年6月登場予定

アジつくしminiのカラーは様々なフィールドやシーンに対応する全9色。すべてノーマルカラー 定価 540円 (9本入り)

オンスタックル公式アジつくしmini   詳細ページはこちら 

 

2019年6月登場予定です!ぜひ現場で試してみてください!

あっ、もちろんメバルにもどうぞ(^^)

1 / 2
次へ