ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

宮廣祥大セレクト!季節別・琵琶湖のバス釣り実績ルアー&タックル

琵琶湖のバス釣り完全ガイド

低水温期のオススメルアー&タックル

低水温時期に活躍してくれるのはやはりメタルバイブ。

ここでもルアーの「ブルブル感」がキーになります。

ロッド…ファンタジスタ X-GLAIVE FNC-66M フェザーストローク
リール…レボエリート6 IB
ライン…バニッシュレボリューション14ポンド
ルアー…DEXメタルバイブレーションorサーキットバイブ

DEXメタルバイブレーション

サーキットバイブ

程よくシャクれるレングス感

ロッドは6フィート6インチのM、フェザーストロークです。

ファンタジスタ X-GLAIVE FNC-66M フェザーストローク

ポッパーやジャークベイトのトゥイッチングやジャーキングが快適に行え、テクニカルアクションを可能としたジャーキングロッド。 快適にテクニカルなアクションを継続させるための最適な操作性バランスを、TAF製法(Triarchy Force)により「軽さ」と「パワー」を両立したブランクスで実現しています。 テクニカルロッドとしては少し長い6フィート6インチの全長でも、手首への負担が無く、長時間のトゥイッチ&ジャークが行えます。 また遠距離で魚を掛けた場合でも、従来のロッド以上の「粘り」と「トルク」でバスに主導権を与えることなくキャッチできます。 キャスト、ルアー操作から、ファイトに至るまで、全ての動作をテクニカルアプローチ可能なジャーキングロッド:FEATHER STROKEが誕生

出典:アブガルシア ファンタジスタX-GLAIVE詳細ページ

メタルバイブのシャクるアクションをする上でこの6フィート6インチという長さは絶妙です。

長すぎるとどうしてもシャクりにくくなってしまいます。

このロッドもさっきの75MHと同じで高弾性ではありません。

ちょうど中弾性から低弾性の間ぐらいなのでメタルバイブのブルブル感を殺さずに活かしてくれます。

この考え方はチャターでのときとまったく同じです。

水をしっかり噛んでいるけれど、ロッドにほどよいダルさがあることでうまくその水を逃してくれます。

水を噛んで逃して、噛んで逃してというミクロの世界の振動の違いですが、この違いをバスは見ています。

感度のいい固い竿だと当然ブルブル感はあって「やってる感」はあるのですが、それがルアー自体の良いブルブル感を出せてるかというとそうではありません。

とてもシビアな状況だとそのミクロの違いを魚が見て選んでいると感じる時が確実にあります。

リールはハイギア過ぎないほうがイイ

レボエリート6 IBメタルバイブというとハイギアを使う人が多いと思いますが、ハイギアだと食いが浅い状況でバスが食った場合、巻きスピードが早くて皮一枚でかかっているがために身切れしてしまうときがあります。

エリート6の早すぎないスピードならラインスラックの回収とフッキングの際のスピードとのバランスが取れるので僕は好んでこのセッティングで使用しています。

以上が僕のオススメする琵琶湖の時期別ルアー&タックルでした!

みなさんもぜひこれを参考に琵琶湖のデカバスをキャッチしてくださいね!

3 / 3
前へ