ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

旬のバス釣り!アフタースポーン初期から完全回復までのオススメの攻め方&ルアー【寄稿by松本恵太】

アフタースポーン初期から後期にオススメな攻めをご紹介!

松本 恵太(Keita Matsumoto) プロフィール

亀山ダムをホームグラウンドとする若手アングラー! ハードルアーの釣りを得意として、あのハードルアートーナメントシリーズである「H-1グランプリ」の2017年総合3位入賞の実績を持つ

こんにちは、松本恵太です。

さて平野部のフィールドでは、ほぼスポー二ングが終了し、アフタースポーンの個体が増えてきました!

スポーン直後は一時的にルアーに反応しづらくなる状況が発生しますが、全てのバスが一斉に同じ状態になる事はなく、個体事にある程度の季節感のズレが生じるために、その時々に応じて、どの状態の個体を狙っていくのかで狙うべきスポット、ルアー、アクションが変わってきます。

その中でも今回はアフタースポーンの初期から完全に回復するアフター後期の状況で、オススメの釣りをご紹介させていただきます!

 

産卵直後からアフター回復への一連の流れは?

よくアフタースポーンのバスは沖に出る! といわれることがありますが、こちらもやはり全てのバスが一斉に沖に出るわけではなくバンクやストラクチャー周りで体力を回復する個体も多く居ます。

具体的にはリザーバーなどではバンク沿いをクルーズし、小さなエビやゴリ系等の魚系に比べて動きが遅いベイトを捕食する傾向にあります。

そこで、ある程度の体力を回復! その後、小魚を追い出して沖に出たり、そこでストラクチャーに寄り添う形でサスペンドするなどしていうのが、アフター回復への一般的な流れになっていると考えています。

 

産卵直後のアフター初期の攻め方は?

ライトリグで丁寧かつスローに誘うのが◎

そんな流れの中で、まずはアフター初期ですが、産卵直後のためにスローな展開が必要になります。

このタイミングではバンク沿いをライトリグで丁寧かつスローに誘っていく事がキーになってきます。

 

オススメルアーはトーナメントクローラー3.5インチのダウンショット

ルアー自体もこの状態のバスに対しては小型でボリュームを抑えたものに反応が良く、スポーン疲れの個体に対して過度なインパクトを与え過ぎないシルエットが効果的です。

そんな時に私が投入するのがトーナメントクローラー。

トーナメントクローラーは3.5、4.5、5.5インチといった3サイズ展開なのですがアフターのこのタイミングでは3.5インチを多用しています。

これを軽めのダウンショットでバンク沿いをスローにズル引くといったアプローチが効果的になってきます。

トーナメントクローラーは非常に柔らかな素材になっているのでズル引くだけで自発的にアクションを発生するので強めの動きに反応し辛いこの時期は特に有効です。

また、この時期に関わらずプレッシャーの掛かった状況でもトーナメントクローラーの自発アクションは有効なので1年を通して出番の多いソフトルアーです。

メガバス公式トーナメントクローラー詳細ページはこちら

出典:YouTube Megabass Channel

 

 

 

バスの稚魚が確認できはじめるアフター回復の初期段階の攻め方

次にバスの稚魚が確認できるようになってくるアフター回復初期段階。

この時期は1発目にスポーンに入った個体が回復傾向にあります。

この時期から少しづつバンク沿いにクルーズする個体が増えエビやゴリ系のベイトも活発に動き出し、併せて横の動きにも徐々に反応が出始めます。

そんな中で有効なルアーは、小型ミノーや虫系!

 

 

アフター回復初期でのオススメルアーはタイニーシグレやX-48、X-52、パタリロなど

私の場合はタイニーシグレ【メガバス】(30mm2.7g)やX-48X-52パタリロ3.5inなどを選択し、シェイクやトゥイッチのアクションの中にステイを意識的に加えていく誘いにイイ反応をしてくれています。

スポット的にはバンク沿いがメインになるのですが、場合によってはバスの体力が少し回復し、ボトムだけではなく中層や表層等釣り方に反応することも増えてくきます!

 

メガバス公式X-48アクロバット詳細ページはこちら

メガバス公式X-52アクロバット詳細ページはこちら

 

 

メガバス公式パタリロ詳細ページはこちら

 

 

 

アフター回復が進んできた段階での攻め方とは?

最後にバスの稚魚・フライ達を多く確認でき始める時期には、アフタースポーンから回復した個体も多くなり、先程紹介したルアーに加えてブルーギル等の比較的大型のベイトや、虫系のベイトも増えてくるので、虫パターンやブルーギルパターン等が本格的に効き始めてくるといった感じです。

 

アフター回復期のオススメルアーはヴァタリオンやバイブレーションXヴァタリオン、i-ウイング

ギルパターンではヴァタリオンバイブレーションXヴァタリオンのタダ巻きや、沖めのストラクチャーに浮き始めてきたバスに対してはi-ウイングのデッドスロー引き等が効いてきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ヴァタリオン【メガバス】3月発売予定!バイブ?ギル?S字? #フィッシングショー2017 #メガバス #ヴァタリオン #ルアーニュース

LureNewsさん(@lurenews)がシェアした投稿 –

 

以上がアフター期の初期から後期までの私の攻め方です!少しでも参考にしていただければウレシイです!

ぜひ、みなさん、それぞれのフィールド状態に合わせてアフター期のバスフィッシングを楽しんでくださいね!

1 / 2
次へ