ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【夏は大型連休再び…!?】 仕舞寸法93cmのガチ仕様な3ピースキャスティングロッドはいかが?

平成最後、そして令和最初の大型連休GWが終わった。と思ったら、人によっては、8月10日(土)を皮切りにお盆を含めて今度は夏にも最大9連休なんてウワサも…。

いるのでしょうね…「この機会に遠征だっ」て人も。連れていって!

大型青物やGTにも!テンリュウ・スパイクトラベル

遠征釣行で超大型青物、はたまたGT狙うぞ!という人もいらっしゃるでしょう。テンリュウのスパイクトラベルは、そんな遠征大型青物やGTまでオッケーな3ピースキャスティングロッド。

出典:テンリュウ

テンリュウにはオフショアキャスティング用のスパイクシリーズがあり、遠征仕様のコチラがスパイクトラベルというわけです。

パワー別の3モデルとも8ftで仕舞寸法93cm

スパイクトラベルはパワー別に3機種あり、すべて全長8フィートの3ピースで仕舞寸法は93cm。国内外の空路利用でも安心です! 93cmですよ。これはありがたい。

リールシート部には、テンリュウおなじみの西陣織仕様のカーボンパイプが採用されていますよ。

3機種のラインナップは…

MH:ブリ~ヒラマサ
H:ヒラマサ~GT
HH:GT~ツナ

が対象となります。で、パワー別に、ジョイント部に色違いのスレッドが巻かれていますので、同じ長さで複数所有していてもパッと見で分かります。

ガチで大型魚とファイトが楽しめちゃう

遠征の大型青物に3ピースって心配って気持ちも分かりますが、スパイクトラベルはガチなやつ。

これは過去のテスト釣行の動画ですが(ロッドはプロト時のもの)、GT、キャッチしています。

出典:テンリュウ

大型魚と対峙しても問題ないパワーとテンリュウロッド特有の驚異的な粘りがあります。

とはいっても、納得できるスパイクトラベルが世に出るまでに、実に5シーズンも掛かったそうです。やはりターゲットがターゲットなだけに、3ピースで安心できるロッドをリリースするには相当苦労されたようですよ。

3機種をご紹介

SK803S-MH

全長2.44m、自重363g、ドラグMAX7kg、ルアーウェイトMAX100g、PEラインMAX5号。

100g以内のルアー、特に60~80gのペンシルベイトや抵抗の少ないポッパーが扱いやすい。ライトGT、ブリ・ヒラマサなど10kg前後の魚がターゲットで、淡水の怪魚にもグッド。PE5号を上限とし、リーダー120lb前後が抜けるガイド設定。

出典:テンリュウ

出典:テンリュウ SK803S-MHで7.5kgをリフト

SK803S-H

全長2.44m、自重378gドラグMAX10kg、ルアーウェイトMAX150g、PEラインMAX6号。

大型ヒラマサからGTにグッド。100~150gまでの誘い出し系ペンシルベイトが最も扱いやすく、抵抗の少ないポッパーにも対応してくれる。キハダにも対応。

PEマックスは6号表示。これは参考表示で8~10号でも扱えるが、使いやすいのは6号くらい。170~200lbのリーダーが抜けやすいガイド設定。

出典:テンリュウ

出典:テンリュウ SK803S-Hで10kgをリフト

SK803S-HH

全長2.44m、自重394g、ドラグMAX13kg、ルアーウェイトMAX200g、PEラインMAX8号。

大型ヒラマサ、GT、ツナにも対応。200gまでの大型ダイビングペンシルや、抵抗の大きなポッパーが扱いやすい。こちらもPE参考表示はMAX8号ながらPE10号でも可。

出典:テンリュウ

出典:テンリュウ SK803S-HHで10kgをリフト

ガチな仕様で3ピース、機能と携行性を両立させたスパイクトラベル。大型連休の大型魚狙いにいかがでしょうか!

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウオーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。