ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【琵琶湖の最新お助け釣法!?】「フラゴビ」フリーリグの上質なズル引きがヤバい!【寄稿by薮田和幸】

みなさん、こんにちは! 琵琶湖プロガイドの薮田和幸です。

薮田 和幸 (Kazuyuki Yabuta ) プロフィール

ミックバスクラブ所属の琵琶湖プロフェッショナルフィッシングガイド。imakatsu プロスタッフ。 パワーフィッシングをメインに琵琶湖でのバス釣りを楽しみ尽くすスタイル。山形県出身。O型。

超満員となったGWの琵琶湖。

どこのポイントもボートだらけのタフコンディション。

そんな中でもナイスバスが好反応だった、ヤブタガイドMVPルアーは間違いなく「フラットヘッドゴビー4インチ」でした。

 

 

出典:イマカツ

先日発売となった「フラットヘッドゴビー(通称:フラゴビ)」。

先に4インチからリリースされましたね。

「フラゴビ」は、パット見はゴキ●リ…いや、三葉虫の様なグロい見た目ですが、独特なリブ形状から産み出される存在感で、生き物感たっぷり!

今年のGWは大潮も重なり、水の中はラブラブモード全開の中で、バスたちはライトリグでも簡単には口を使ってくれない…そんなフレコンディションでした。

そんな中、バスをその気にさせたのが「フラゴビ」。

まさに神ルアーでしたね。

今回、セレクトしたリグは「フリーリグ」でした。

フリーリグのウエイトは3.5g〜7gです。ロッドは、66MH〜71MHのベイトロッド。ラインは、バウオ・エクスレッド14lbがオススメ

ウィードが生え揃ったエリアならテキサスリグ、ヘビダン、リーダーレスダウンショット、フリキャロでもOKですが、今回はハードボトムのエリアをメインにしていたので、フリーリグがドンピシャでした。

フラゴビ・フリーリグのメリットは?

今年の琵琶湖を釣る上で、必要不可欠になりそうな予感がプンプンする「フラゴビ」ですが、「フリーリグ」で使うメリットとしては2点。

  • フラゴビの独特なリブ形状とイマカツマテリアルで、バスが一度喰い付いたら離し難いこと。
  • フリーリグはテキサスシンカーと比べ、ボトムへの接地面が少なくスタックしづらいため、重いシンカーでもテキサスリグと同じ操作感が生まれるのことから、結果的に飛距離も稼げること

超簡単! 秒針のスピードで動かす「上質のズル引き」が効く

フラゴビフリーリグの使い方は超簡単。

ゆっくりしたズル引き。以上です。

このゆっくりとしたズル引き、ヤブタガイドでは「上質なズル引き」と称しているのですが、まずキャストしたらフリーフォールさせ、シンカーを着底。

着底後はラインが水に馴染むまで10秒ほどステイ。

そこから時計の秒針と同じスピードのロッドワークでボトムを感じながらズル引く

アタリがあったら一呼吸入れてゴリ巻きフッキング!

どうしてもシェイクとかをしてしまいがちですが、ズル引いているだけの方が本当によく釣れます。

と言うことで、鮮烈なデビューを果たした「フラットヘッドゴビー」。
琵琶湖だけではなく、全国色々なフィールドから「釣れたよ!」と言う声が聞こえて来ていますので、ゼヒ、お試し下さい!
「フラットヘッドゴビー」の特徴や使用法は、今江さんの動画を見ればさらに分かりますので、コチラもどうぞ!