ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

バス釣りオカッパリ入門講座【講師メジャークラフト・ヒロセマン】スピニングタックル編

春のバス釣り特集

メジャークラフトのヒロセマンとオカッパリバス釣りロケに行ってきました!

ヒロセマン(広瀬達樹)(Hiroseman(Tatsuki Hirose)) プロフィール

本名:広瀬達樹(ひろせたつき)。メジャークラフトの実釣ロケを星の数ほどこなすアングラー! 全国各地でバス、ソルト各種のオカッパリ、オフショア実釣ロケこなしマクり! おそらく1年の間にこれほどの数の実釣取材をこなしている人はいないかも⁉ また大のプロレスファンとしても知られる。 

 

当日、ヒロセマンが見せてくれた釣りは難しい釣りは一切ナシ!

というか初心者のアングラーにぜひ見てもらいたい簡単だけど釣果も出る楽しい釣りでした!!

というわけで今回は、当日にヒロセマンが披露してくれた釣りの中から、スピニングタックルの釣りをご紹介!

参考にしていただけるとウレシイです!

 

まずどんな釣りなのか? 簡単に全体像をお伝えすると、ルアーはどんな状況のバスにも有効なフリックシェイクのジグヘッドワッキーを使った釣り、そしてタックルは柔らかいULパワーのロッドにPEラインを主体にした釣りでした!

ヒロセマンいわく、初心者からベテランまで、季節を問わず、釣れるバスのサイズも問わない、かなりオールマイティ―に使える釣りとのこと!

というわけで、少し細かく紹介していきますね!

ルアーはフリックシェイク3.8inchのジグヘッドワッキー

ヒロセマンがオカッパリバス釣りで愛用しているのが、フリシェことフリックシェイクの3.8インチのジグヘッドワッキー!

フリックシェイクのサイズは王道の4.8inchでももちろん使うけど、釣れるバスのサイズを問わないのであれば、より食わせ力のある3.8インチを使うことが多いとのこと。

フリックシェイクのジグヘッドワッキーは自発的アクションをしてくれるので、バスに学習されにくくて、スレにくいのがお気に入りの理由!

ジグヘッドの重さは風や水深などによって変化させるけど、基本はフワフワ感のでやすい軽めの0.9gが基本。

 

 

オープン場、カバー周りなど、とにかくバスの気配がありそうな場所にキャスト

フリックシェイクのジグヘッドワッキーの投入ドコロは、とにかくバスのいそうな場所!

 

誘い方は…ボトムまで落としてシェイクさせながらリフトし(持ち上げて)、その後、フォール!この繰り返し

誘い方は、ボトムまで落としてシェイクさせながらリフト、持ちあげてフォール! ボトムに着底したら少し待って、またシェイクリフト&フォール。この繰り返し。

けっこうフォール中に当たりがでることが多いそうな。

あとこの誘いでバイトが遠い場合は、ボトム着底後のポーズを長くとったり、ポーズの後に、ゴソゴソ動かしたり、またボトムを取らずに中層をシェイクスイムしたりとアレンジを効かせるのもアリ!

ただヒロセマン的には、あまり粘らずにランガンしてバイトを拾っていくのが効率的かも⁉とのことでした。

 

 

 

ロッドは、ライトリグ全般がキャスト&操作しやすい繊細ティップを持つULパワーが◎!ヒロセマンは「NEWバスパラ スピニングモデルBXS-632UL」を愛用

ヒロセマンがオススメするオカッパリスピニングロッドは、ライトリグ全般がキャスト&操作しやすい繊細ティップを持つ「NEWバスパラ スピニングモデルBXS-632UL」。

このロッドは軽めのリグをキャストしやすく、またある程度シャキっとしていてエクストラファーストテーパーなので、アクションも付けやすいロッド!

またバットパワーは十分あり!40UP、50UPが掛かっても十分勝負できるライトリグ万能スピニング!

メジャークラフト公式  NEWバスパラスピニングモデル詳細ページはこちら

NEWバスパラは10年ぶりにフルリニューアルされ最新スペックが搭載され2019年春に登場したばかりの2代目バスパラ!

スピニングは8モデル(すべて2ピース)あるんだけど、この632ULはその中で一番繊細なモデル!

 

 

 

PEライン+フロロリーダーの使用がオススメ!ヒロセマンはPE0.3号or0.4号にフロロ6ポンド(1.5号)のセッティングを愛用

ラインのセッティングについては、メインラインはPE「弾丸ブレイド ライトゲーム専用X4」の0.3号か0.4号、リーダーは「弾丸フロロショックリーダー 」の6ポンドの組み合わせを愛用。

メジャークラフト公式 弾丸ブレイド ライトゲーム専用X4  詳細ページはこちら

メジャークラフト公式 弾丸フロロショックリーダー 詳細ページはこちら

 

メインラインをフロロにしちゃダメなのか? と思う人も多いかもしれないけど、もちろんアリ!フロロ直結の場合は3-4Lbがオススメ。

 

ただヒロセマンの場合、バス釣りのスピニングではほぼ100%PEラインをメインラインに使っているとのこと。

なぜなら、バス釣りにおける0.3号や0.4号といった極細PEライン使用には 次のようなメリットがあるからとのこと

①細いから飛距離がでる

②アタリが明確に伝わる

③沈むのが早い

 

もちろんヒロセマンはPEを使うことによるデメリットがあるのも承知!

例えば、風に弱い、根ズレに弱い、ルアーに直結できない…

 

ただ、PE使用のメリットとデメリットの両方を考えた時に、メリットの方がはるかに多いと感じて、PEを超多用しているとのこと。

ちなみに、ヒロセマンも強風の時はPEが使いにくい時もあるので、フロロを巻いた替えスプールは常に持参、あとPEがトラブった時ようにPEを巻いた替えスプールも現場には持ちこんでいるとのこと!

 

以上、ヒロセマンによる、誰でも簡単に楽しい釣りができる、スピニングでのバス釣りについてご紹介しました!

ちなみに実釣ロケの模様は動画でも配信しているので、ぜひチェック!

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

 

1 / 2
次へ