ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

リボルテージが最初に提案するルアーとロッドが登場間近! 藤田京弥が監修する新作・沈み虫系ワーム「RV-BUG1.5″」と「RV-S61UL-ST」を紹介

ジャッカルが誕生してから何と今年は20周年!

 

20周年を迎えるにあたってジャッカルのロゴもスクエアタイプの新しいモノに!

そして、そんなメモリアルな20周年を記念した注目プロジェクトの1つなのが…!

 

「Revoltageリボルテージ」

ジャッカルが創立20周年記念ともいえる一大プロジェクトとして立ち上げたバス釣りブランドなのがリボルテージ

このリボルテージでは、日々変化、進化するバスフィッシングにおいて、新たな釣り!新たなテクニック、新たなトレンド!を生み出し、提案するブランドを目指しているとのこと!!

Revoltageに関する詳細はこちら特設サイトをぜひチェック

 

さて、そんなリボルテージが最初に提案するルアーとロッドが登場間近!

それは藤田京弥さんプロデュース!新作ワーム「RV-BUG1.5″」と「RV-S61UL-ST」のセットアップ。

それでは1つ1つご紹介!(画像出典:ジャッカル)

藤田 京弥(KYOYA FUJITA ) プロフィール

藤田京弥(ふじた・きょうや)…1996年生まれ。埼玉県出身、山梨県在住。6歳から釣りをはじめ、18歳でヒューマンフィッシングカレッジに入学。2017 年卒業と同時にJBマスターズ・シリーズにエントリーし、初年度年間20位。JB河口湖Aとダブルで昇格資格を得て2018年よりTOP50へ参戦。 2018年のトーナメントシーンでの活躍は目覚ましく、2018ジャパンスーパークラシック優勝、2018JBマスターズ年間優勝、2018トップ50第3戦優勝、2018トップ50年間2位など。 2019年からはジャッカルプロスタッフとなり、リボルテージブランドで自身が監修するアイテムの開発に着手。 ちなみに得意技は河口湖仕込みのサイトフィッシングで水中虫パターンなどの得意テクあり。トップ50参戦中の藤田夏輝は実の兄(初の兄弟TOP50プロ)

 

 

RV-BUG(アールブイバグ) 1.5″

RV-BUG1.5″は、注目アングラー「藤田京弥」さんがプロデュースする「沈む虫」ワーム!

以前から沈み虫・水中虫パターンを得意とする藤田さんが自身の理想とする沈む虫系を表現したのがこのワームというわけ!

ジャッカル公式RV-BUG1.5″詳細ページはこちら

 

↓ちなみにこちらはフィッシングショーでお披露目されていたRV-BUGのプロト。ここからブラッシュアップがはかられ、つい完成!

 

さて、このRV-BUGだけど、藤田さんが投入するシチュエーションとして重視しているというのが、サイトフィッシングとのこと!

 

使い方やリグに関しては、まず多用するのがチョン掛けノーシンカー!あとDSでの使用も効果的

RV-BUGは高比重ワームで、マスバリチョン掛けノーシンカーで水平フォールしてくれるんだけど、ノーアクションでも、ボディについている10本の腕が震えるようにアクションしてくれ、バスの捕食スイッチを入れてくれるそうな!

 

ラインを張ることなく全パーツが動いてくれるので、かなりプレッシャーに強いワームになっているとのこと!

 

 

ダウンショットとの相性も◎。あと2本のテール(ウデ)はシャッドテールになっているので引く釣りにも対応

当然ダウンショットでも動かした後のフォールで同様の誘いができるようになっています!

 

あとフォールだけでは用途が限られるため、誘いパターンを増やすべく、2本の長めのテールの橋には小さいシャッドテールを配置。ちょっと引いてやるとそのシャッドテールが微波動をだしてくれるという。

 

RV-BUGについてはYouTubeチャンネル「JACKALLSTATION」でくわしい動画がアップされているのでぜひチェック!

出典:YouTubeチャンネル「JACKALLSTATION」

 

出典:YouTubeチャンネル「JACKALLSTATION」

1 / 4
次へ