ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【キムケンスタイルvol.7】キムケン木村建太が見せた「ボトスト煙ING」のキモとは

出典:Vish

キムケンこと木村建太が独自のスタイルを貫く番組キムケンスタイル。Vol.7では、淡路島のため池にて、表層のスイムベイティング、中層のジグスト、ボトムのボトストで攻め分けてバイトを誘発してくれました。

今回は、そのアプローチの中のひとつ「ボトスト煙ING」にて使用していたリグをご紹介。

ボトムを意識したバスに効果的だったのがフットボールヘッドTGにパワーフラッター(プロト)をセットしたボトストでした。

出典:Vish

出典:Vish

キムケンがコダワリを注ぐバークレイ・パワーフラッター
2019年夏頃にはリリースされる!?

注目のホッグ系ワームは、バークレイ・パワーフラッター4inch(プロト)です。その特長は、キムケンいわく「とにかくバタバタするやつ」で(笑)、アームやレッグ、パドルと”フル装備”感のあるシェイプ。

出典:Vish

これらの各パーツはもちろん、ボディ自体まで、すべて水を受けて動く強波動のワームとなっています。

出典:Vish

出典:Vish

また柔らかめに作られていて、フォールからスイミングまでしっかりアクションをしてくれちゃうのです。

とにかく水押しの強い、強烈なアピールをするパワーフラッター。そんな中でもコダワリが表れているのが、そのサイズ感。

実は#4/0のフックを使うことを前提としたボディサイズに調整してあり、このフックサイズであれば、フッキングにおける身切れを解消してくれちゃうワケです。

煙INGのキモ

さて、煙INGです。アクションとしては、パワーフラッターにフットボールヘッドTGをセットして、あとはボトムアクションを加え続けるだけです。

出典:Vish

この時のキモは、ラインも沈め切った状態で行うこと。

ルアーがズズッ…ズズッ…と砂や泥を少し掘るようなイメージで砂煙を出す。そして「ナンダ、ナンダ」とバスが寄ってきたところ、砂煙から見え隠れするパワーフラッターに思わず飛びついてしまう…といった感じです。

さてさて、続いてフットボールヘッドTGを使うワケも確認してみましょう!

次ページ:煙INGでフットボールヘッドTGを使うワケ
1 / 2
次へ