ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

磯からのヒラメゲーム!意外と簡単に狙えます【寄稿by菰田淳史】アスリート14SSPほかローテルアーも紹介

意外と簡単に狙える!磯から狙うヒラメゲームについてご紹介

菰田 淳史(Atsushi Komoda ) プロフィール

房総半島をホームグラウンドにあらゆる釣りを楽しんでいるアングラー!ちなみに最近はサーフからのヒラメ&マゴチといったフラットフィッシュゲームにドハマり中!

こんにちは、菰田淳史です

これからの季節はベイトの接岸する確率が高く、さらに水温も安定しサーフヒラメのハイシーズンとなります。

僕は年間を通してサーフからヒラメを狙う場合が多いですが、その時の海やベイトの状況に合わせサーフ、漁港、磯と幅広くフィールドを選び楽しむスタイルなので、特にヒラメ狙いはサーフのみという考えはありません。

そのため磯にイワシが接岸していたらヒラメはもちろんのこと青物、マダイ、シーバスとあらゆるターゲットを狙います。

そこで今回は磯から狙うヒラメゲームについてご紹介していきます 。

磯ヒラメと聞くと難しく感じる方も多いかと思いますが、パターンを掴むと意外と簡単に釣れたりもします。さらに良型が期待できるのも魅力のひとつです。

 

磯ヒラメポイントについて!

まず、ポイントですが磯ならどこでも狙えるかと言ったらそうではありません。
いくつかの条件が整った場所でなければ狙って釣るのは難しいと思 います。磯ヒラメが楽しめる条件をご紹介!

条件①(砂地)

磯の中でも隠れ家となる多少の砂地は必要です。
房総でいうと館山周辺の磯は砂地となっている場所が多くあるので、絶好の磯ヒラメポイントです。

 

条件②(ワンド)

イワシが大量に接岸しヒラメをはじめとするイーターが食い気立ちスイッチが入っている時は話が別ですが、通常は比較的波が穏やかなワンドとなっている場所を好みます。

ワンドはベイトも溜まりやすく捕食しやすい環境が整っているため、居着きヒラメも多く良型が出る確率が高いです。

磯ヒラメを狙っていてイワシ以外で過去に吐き出したベイトはベラ、クジメ、アナハゼ等…根魚が多く、こういったベイトが溜まるポイントを見つけると必然的に居着きヒラメも存在します。

居着きヒラメという言葉を聞くと単純に地形についたヒラメをイメ ージしますが、小魚が溜まりやすい地形であるからこそ、 ヒラメはその場で小魚を捕食し居着くのであってベイトが居ない場所に居着くヒラメは存在しませ ん。

 

ヒラメの捕食ベイト別・磯ヒラメの攻め方について!

まずは上層からそして徐々に中層~ ボトムとレンジを下げていくのが一般的な攻め方です。しかしその日に捕食しているベイトによって狙い方は変わってきま す。

イワシ等の回遊付き

陽が昇りイーターに追われるとイワシは上層へ溜まります。

そのため狙いも上層から中層を意識します。ベイトが接岸している場合、 水深のある場所でもトップでヒラメが出ることも珍しくありません 。

 

根魚等の地形付き

イワシが接岸すれば確変モードになります。しかしそんな日に当たるのは年間を通して数回あるかないかです。

ほとんどは根魚を中心としたベイトを捕食しています。その為、 ヒラメはボトムを意識しているので狙いはとにかくボトムです。

根の入り方が荒く、根掛かりしてしまいどうしようもない場合はトレブルではなくシングルフックの装着をおすすめします。

シングルフックはフッキング率こそトレブルには敵いませんが、フッキングさせてからのバラシ率はかなり低くなります。不意に青物が掛かっても安心してファイト出来ます。

僕がいつも装着しているのは「shout マダイアシストリアフック」です。

 

1 / 3
次へ