ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

かつぅKatsuuの野池オカッパリバス釣り!間違いないルアーとアプローチ法を紹介!

ハローみなさんこんにちは。Katsuu(かつぅ)です。

今回はかつぅ的春の釣りをザザッと簡単にはなりますが紹介したいと思います。

Katsuu/かつぅ(Katsuu) プロフィール

メガバスプロスタッフであり、そしてバンド「COUNTERCLOCKWISE」のボーカル&ギタリストとして活躍中! また近年はYouTubeチャンネル「Katsuu MOSH FISH TV.」での活動も目立つ、マルチな才能が光るイケメンアングラー!

 

さて春と言えばなんと言ってもスポーニングの時期。

オカッパリアーミーにはバスが近くまで寄ってきてくれるいい時期でもあります。

まずバス、いやここは人間以外の生物と言っても過言ではないですが、彼らは何の為に生きているのか?

イメージとしては「生きる為に生きている。そして、種を絶やさないようにしていく」って感じ。まずはその理解がとっても大事です。

「生きる」為に何が大切か。それは食べる事。

「種を絶やさない」為に何が大切か。それは交尾をして新たな命を増やす事。

 

つまりしっかりエサをとって自分自身が生きなければその先のスポーニングにもたどり着けないので、全ての季節の基本的な釣りの中で、エサとなるベイトに注目する事が重要です。

ただ、唯一その重要度が下がる季節があります。それが、この春。

春に関しては意識がスポーニングに対してのウェイトが大きく占めるようになります。

正確に言うと、エサを食べる事より、産卵への意識/重要度の方が上に来る、と言った方が正しいかな?

なので、まずはその点を念頭に春は組み立てていきましょう。

 

スポーニングは簡単に言うと、オスがシャローに入り、沖で待機するメスを産卵場所に誘い、

産卵を終えるとメスはまた沖に出て、産卵で疲れた身体を休め、オスはネストと呼ばれる産卵床で卵を外敵から守り続けます。

今まさにこのタイミングはその全ての状態がいるミッドと呼ばれるタイミングかと思います。

 

スポ―ニング関係 参考動画

出典:nenkatsuYouTubeチャンネル

 

出典:funsea17YouTubeチャンネル

 

産卵前のパンチのあるメスは沖やバンク際のカバーに浮いていることが多いので、狙いは中層

ではどの魚を狙うか…

やっぱり太くてパンチのある魚と言えば産卵前のメス。

沖や、はたまたバンク際のカバーに浮いてる事が多いので中層を狙いましょう。

どちらにせよ意識はスポーニングエリアとなる岸側に向いています。

 

イメージするバスの状態としては、産卵に備えてしっかり栄養を取っておきたい。

そして産卵に向けてバスはイライラしがち。ここを踏まえて自分がよく使用するのはゆっくりでもしっかり泳いでくれるルアー。

ライトリグなら中層をフワフワさせられるようなモノになりますが、かつぅ的チョイスはコイツ。

 

かつぅ的チョイスはコレ「デッドスロウル7inch」

メガバス公式デッドスロウル詳細はこちら

 

かつぅ的チョイスはスイムベイト「デッドスロウル」です。

ゆっくり巻いてもしっかり動いてくれ、かつゆっくり巻いても沈みが遅い為に比較的浅い水深でもゆっくりと引いてくる事が出来ます。

7インチ(オリジナルサイズ)と言うお腹を満たすボリューム感もグッド。

何よりスイムベイトはそこにいるデカいのを引っ張ってくる力の強いルアーなのでその点も決着が早くて好きな理由の1つ。

目にみえる水深あたりを、ゆっくりタダ巻きするだけでOK

巻き方はいたって簡単。

ゆっくり目に見える水深辺りをただ巻いてくるのみ。

巻くトレースコースが大事で、まずはバンク沿い。やっぱり追い込みやすい“キワ”と言うのは外せません。

そこにプラスαの要素を足していきましょう。

下に沈みものがあるとか、インレットがあるとか、岸からのブッシュが絡んでるとか…そう言った場所は集中力もプラスαしといてください。

 

そして壁となるバンクをレンジを一段下げてブレイクラインに変え、ブレイクライン沿いを引いてあげる事も忘れずに。

今まさにシャローに上がろうとしている魚を狙うイメージです。もちろんここでもプラスαの要素は忘れちゃダメです。

 

出典:YouTube Megabass Channel

 

デッドスロウルで攻めきれない場所では「スパークシャッド」の出番

そしてデッドスロウルでは攻めきれない場所もありますよね。

更にカバーを絡めて引きたいスポットなら、トレブルフックむき出しのデッドスロウルでは引っ掛けて場を荒らしてしまう。

そんな時に出番となるのがコイツ。

メガバス公式スパークシャッド詳細はこちら

 

スパークシャッド」です。

いわゆるシャッドテールワームってやつ。

オフセットフックで使用出来るこの手のワームはスイムベイトとしての威力に加え、

カバーなどに引っかかりづらく、カバーをしっかり絡めて引いてくることも出来ます。

デッドスロウルスパークシャッド共に狙うスポットやイメージは同じで、

カバーの濃さで回避能力の違いを使い分けてみてください。

「ほんならスパークシャッドだけでいいやん!

いやいやそんな事はありません。

やっぱりそりゃぁ〜トレブルフックのデッドスロウルの方がフッキング能力は上なので、

カバーの有無やトレースコースによっての使い分けが大事!!

まもなくアフターと呼ばれるなかなか釣りにくく、

釣り方もちょっとアンニュイな時期が来ますが、

まだまだこのスイムベイトゲームは楽しめます!!

デカいルアーでデカいバスを釣る!

これって超エキサイティングでしょ??

色んな方法があるバスフィッシングのゲームの組み立ての1つに加えてみて、

是非この春を満喫しちゃってくださーい!!

 

出典:YouTube Megabass Channel

 

 

タイムリーな釣りやタックル紹介など、ワタクシKatsuuのプライベートYouTubeチャンネル、「MOSH FISH TV」で随時更新中です!

https://www.youtube.com/c/KatsuuMOSHFISHTV

こちらも是非チェック(チャンネル登録もっ!)よろしくです!!

 

 

「MOSH FISH TV」最新動画はこちら

 

ささっ! こんな事してる間にも季節は進むっ! フィールドへ行きましょっ!!

 

1 / 2
次へ