ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ガイド前田「琵琶湖デカバス大追跡」GW突入!ウイードのない南湖をどう攻略する?

連載:ガイド前田「琵琶湖デカバス大追跡」

前田純(ガイド前田)(Maeda Jun) プロフィール

ボートハウスラッシュをベースとしてマザーレイクでドデスカンサイズを追い求める、ガイド前田の愛称で親しまれる超ベテランガイド。スポンサーはデプス、ダイワ、次元、ハヤブサ、レインズ、ホンデックス、ボートハウスラッシュ、フィッシングマンボウなど。愛知出身・滋賀在住。

ガイド前田「琵琶湖デカバス大追跡」GW突入!ウイードのない南湖をどう攻略する?

みなさんどーも、ガイド前田です。ビシバシ釣っちゃってますか?
「難しい、釣れない、キビしい…」とかではなく、もはや「いない」としか言わざるを得ない琵琶湖。これはバスやギルだけに限らず、琵琶湖の全ての魚に言えるように感じています。

そりゃ、これだけ水草がなくなれば・・・って感じなのですが、ただ、勘違いしてはいけないのが、滋賀県が行っている水草根こそぎ除去作戦、通称「藻刈り」だけでこれだけ全域に水草がなくなるとは考えにくいこと。他にも原因があると思います。

私は専門家ではないので詳しい原因は分かりませんが、25年以上琵琶湖に浮いていてこんなことは初めてのことなので色々と心配になってしまう一方、琵琶湖の長い歴史から見れば、私が見てきた30年弱なんてほんのちっぽけなモノなのかもしれません。

自然のサイクルの一環かもしれませんが、ただ言えることは、確実に変化が起こっているということ。これから急激に水草や魚が増えるとは思えませんが、新芽の生えてきているエリアもあるので、これ以上酷くならないことを願うばかりです。

ウイードのない状況を打破する!ガイド前田的オススメパターン!

さて、そんな今回のオススメルアーは、デスアダーリザードデスアダースティック6.5インチ。テキサスリグで使います。

デスアダーリザード

デスアダースティック

テキサスリグで使用。ゆっくりと動かすのがキモ!
どちらのワームも、とにかくゆっくり動かしましょう。どちらもワーム自体が自発的によく動くので、こちらで動かし過ぎてその動きを殺してしまわないようにするのがキモ。

シンカーはreinsのタングステンスリップシンカー(色付き)の3/16オンス(5.3g)か1/4オンス(7g)で、フックはハヤブサのT.N.Sオフセット#5/0でやっています。

ロッドはサイドワインダー・バレットショットでリールはスティーズA TW1016SHL、ラインはモンスターブレイブZの18ポンドを使っています。フォールに反応したり、頻繁に落ちパクするようならフリーリグにするのもアリかもしれませんね!

 

狙いドコロは、素直に魚探に魚が映る場所!ウイードが生えている所は船団になっているので、すぐに分かります

ポイント的にはウイードの新芽が生えている場所や、風や波で魚がフィーディングに上がって来るような場所がアツいのは言うまでもありませんが、なかなかそんな場所を見つけられいですよね!なので、魚探になるべく魚が映る場所でやるのが良いと思います。まぁ、ウイードが生えている所は船団なので分かりやすいといえば分かりやすいです(笑)。

10連休のゴールデンウイーク!ルールとマナーを守って楽しい釣りを!

ゴールデンウィークに突入ということもあり、今年は10連休の人も多いってことで、琵琶湖は陸っぱりもボートもかなりの混雑が予想されます。ルールとマナーを守って、みんなで気持ち良く釣りが楽しめるように心掛けましょう!また、
「ゴミを捨てない」
「違法駐車しない」
「近くで釣りをしたい時には先行者に声を掛ける」
「早朝、深夜の車のドアの開け閉めや話し声は住民に、とって騒音なので気を付ける」
「生き物(魚)を大切に」
「各ワンド内や各水路、岸際、船団の中はデッドスローで引き波を立てないように走る」
「来た時よりも美しく!」

楽しいゴールデンウィークを!