ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ラパラ】2019年バスマスタークラシックで優勝したオット・デフォーのウイニングルアーを紹介!【アラシバイブ・DT4】

春のバス釣り特集

3/15~3/17にテネシーリバーで開催されたB.A.S.S.バスマスタークラシック。

このバストーナメント最高峰の舞台で見事逆転優勝を果たしたのがオット・デフォー選手。

昨年度優勝したジョーダン・リー選手からトロフィーを受けとるオット・デフォー選手

初日首位でスタートし、2日目で4位に。最終日に見事逆転優勝を果たした

そんなオット・デフォーのウイニングルアーは?

見事優勝に輝いたオット・デフォーのウイニングルアーがアラシバイブとDT4です。

どちらもラパラのルアーですね!

ストーム・アラシバイブ【ラパラ】

ラパラのアラシバイブ

出典:ラパラ公式・アラシバイブ詳細ページ

STORM(ストーム)のアラシシリーズは2017年にバスマスターエリートシリーズでAOYを獲得したブランドンパラニューク監修のルアーシリーズ。

実は以前も1度ルアーニュースRでアラシバイブについてはご紹介しているんです!

アラシバイブの紹介記事はコチラ

昨年登場したばかりの比較的新しいルアーです。

動くラインアイを搭載

なんといってもアラシバイブの特徴は動くラインアイ・「セルフチューニングラインタイ」。

ラインアイが前後に動くことでリトリーブスピードが変化してもアクションは変わることなく動いてくれます。

さらにそれと同時に高い障害物回避性能も併せ持ちます。

サウンドは余計なプレッシャーを与えないソフトノックラトル

バイブレーションですが、音は静かなソフトノックラトルを採用。

しっかりアピールしつつも食わせ能力も高くなっています。

薄いバックシェイプで泳ぎだしの素早さと安定したフォール姿勢

薄いバックシェイプによって泳ぎだしがかなり素早くなっており、真っ直ぐに沈む安定したフォール姿勢によって、ストライクゾーンを長くキープする事を可能です。

英語ですが水中アクションがよく分かる動画もあります!

ホームページにも「アメリカの過酷なトーナメントトレイルの中で培われた「釣れる」要素を集約したバイブ」とありますが、今回のオット・デフォー選手の優勝に貢献したことでその力を証明しましたね。

DT4【ラパラ】

出典:ラパラ公式・DTシリーズ詳細ページ

ラパラのDT4はDTシリーズの1つです。

DTシリーズというのは本場アメリカを制覇したクランクベイトの大御所デビッド・フリッツ氏とラパラのコラボレーションから生まれた究極とも言えるディープクランク。

レンジ別にDT4、DT6。DT10、DT14、DT16、DT20という6つのラインナップがあり、それぞれ数字が深さ(=フィート)を表しています。

それぞれの潜行レンジはこんな感じ

DT4…1.2m、DT6…1.8m。DT10…3m、DT14…4.3m、DT16…5m、DT20…6m

ラパラの動画より抜粋

バルサクランクだが飛距離抜群、そして高いレンジキープ能力

バルサクランクで固定重心なんですが、かなり飛距離がでます。

またレンジキープ力に優れ、リーリング開始と同時に急潜行するため、その飛距離と相まってストライクゾーンを長い時間トレースすることができるんです!

巻き抵抗も軽いのでディープクランクですが1日巻き続けられるのも特徴。

どちらかというとアクションはナチュラルめになっています。

DTシリーズの解説動画(英語)はコチラ!

今回オット・デフォー選手が使用していたのはDTシリーズの1番レンジの浅いDT4でした。

こちらがオットデフォー選手のウイニングルアーDT4。潜行レンジは1.2m

これら2つのアイテムは今の時期にも活躍してくれそう

アラシバイブもDT4もどちらも春に使えるアイテム。

バスマスタークラシック優勝という偉業を果たしたこの2つのルアーでみなさんもバスをキャッチしてくださいね!