ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ケイテック フレックスチャンク】KEITECHのポークシルエットな新型チャンクワームを紹介

琵琶湖のバス釣り完全ガイド

記者的に最近、トキめいたというか、オドロキだったニュースの1つなのが「ケイテック」初のロッド登場というニュース!

ケイテック公式ホームページ http://keitech.co.jp/

 

ケイテックカスタムロッドを徹底解剖【ロッド開発者を編集部が質問攻め!】

配信記事はこちら


出典:ルアーニュースR(ルアー関連ニュースWEBサイト)

 

 

さて、そんなケイテック絡みの新しいニュースがあるんです!それは…

KEITECHから新型ポーク的チャンクワームが登場するんです。

そのワームの名は…。

KEITECHフレックスチャンク

2019年6月登場予定

KEITECHフレックスチャンクという名のワームが登場するんです!

 

ちなみにこのワームについてはケイテックCEOの馬路久史さんに動画で解説していただいたので、ぜひチェック!

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

それではどんなワームなのか?紹介してみます!

まずは画像をチェック!

まぁまぁデカめのポークシルエットのチャンクワームという感じですよね! 基本的にはラバジのトレーラーとしての使用を想定されて作られているものです!

 

ワーム素材でできたポークといった方が伝わりやすいワームかもしれませんね!

 

ザリガニを捕食するキッカケとなる動きを再現

このワームのモチーフとなったのは「ザリガニ」

ザリガニの動きの中で、バスに捕食スイッチを入れる動きに着目されているのが特長。

 

どういうことかというと、バスが本物のバスをバイトする時っていうのは、ザリガニが2本のツメを広げて威嚇していたのを、警戒心を解いてツメを下した時なんだそう。

その動きを出すための形状デザイン&設定がこのフレックスチャンクに込められているというわけ。

 

具体的にどういう動きをするのか?というと、着底した時はツメを振り上げたような状態で、そのままステイしていると、ツメをゆっくりおろすというアクション!

このアクションがバスの捕食スイッチを入れるとのこと!

 

というわけで、フレックスチャンクのご紹介でした!

早くためしてみたいですね!