ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【アスリート17SSV】超ぶっ飛び新機構「ボルテックスジェネレーター」搭載のアスリートシリーズの新作を徹底解説【寄稿by木志建太】

こんにちは! 九州で旬の魚を釣りしている木志 建太です。

今回はジャクソンから新発売となった、超ぶっ飛び系の アスリート17SSVの紹介をしていきたいと思います^_^

 

アスリート17SSV【ジャクソン】

2019年3月登場

昔からたくさんのアングラーに愛し続けられてきたアスリートシリ ーズですが、 今回は17センチのロングミノーがラインナップに追加されまた!

アスリート17SSVはスローシンキングタイプ。しかし12SSと14SSのただ長いバージョン⁇ と思う方が多いと思いますが、違うんです! 最後のVの文字に注目‼︎

ジャクソン公式アスリート17SSV  詳細ページはこちら

 

アスリート17SSV、SSVのVはVG(ボルテックスジェネレーター)の略!
ボルテックスジェネレーターって?

SSVの Vは『VG』の略。

V →ボルテックス

G →ジェネレーター

ボルテックスジェネレーターとはなかなか聞かない用語だと思いま すが、これは元々は飛行機などに使われている特殊な装置で、 それをなんとミノーのリップに搭載できちゃったんです! その結果リップ周辺でできる空気の渦の影響を軽減してボディのブ レの発生を制御できるようになったんです。

関連記事 【ボルテックスジェネレーター】ジャクソンがルアーの飛距離が伸びる大注目の新機構を発表!

配信記事はこちら


出典:ルアーニュースR(ルアー関連ニュースWEBサイト)

 

 

実際に自分も使ってみてビックリしました。 ロングミノーは姿勢を崩してクルクル回転してしまい、 飛距離が出ないことが多々あったんですが、 SSVは誰が投げても回転しにくいルアーに仕上がっています。( 柔らかい竿よりも硬めの竿で投げると、 とても気持ちよく安定して投げやすいですよ♪)

 

なおジャクソン社のテストでなんと、平均飛距離が10.3% も上がったという結果も出ております。。。

出典:YouTubeチャンネル「 釣りジャック」

 

アスリート17SSVのアクションは?

アスリートシリーズの特徴としてダートのキレが持ち味でした。

ちなみに、 アスリート12SSを紹介した記事がありますので、 良かったらこちらも見てください。

ヨレやストラクチャーに付くシーバスの食わせ方【巻きジャークやヨタヨタ巻きなど】【寄稿by木志建太】

配信記事はこちら


出典:ルアーニュースR(ルアー関連ニュースWEBサイト)

 

そのダートのキレは もちろん継続しているので、ただ巻きで攻めるも良し! ここに居るってところでジャークを入れてリアクションバイトを誘 発して喰わせるも良し! 色んな攻め方ができるとても頼りがいのあるルアーで

 

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

 

使用場所は?

特に限られません!

磯、サーフ、河川、防波堤。 どんなシチュエーションにも対応できます。

飛距離=釣果

だと思いますので、 これまで届かなかったエリアによりスローで存在感のあるアピール の高いルアーを通したい! そんな方にとてもオススメなルアーとなっております^_^( 秋の大型ベイトパターンなどにもかなりオススメ)

フロントフックもセンターフックがダブルリングに?

ダブルリングになることでフックの自由度が上がるため、 魚をヒットに持ち込みやすくなるのと同時にバラし軽減にも繋がっ ております。

 

木志 建太の最近の釣果

最近はアスリート17SSVを使ってビッグシーバスをキャッチす ることができました。

これは明暗に入り込む流れの筋。その筋が入り込む明暗の境目。 シーバスが着くであろうそのピンスポットにルアーをスローに流し 込み際に入る寸前にジャークを入れて食わした一本^_^

みなさんもぜひアスリート17SSVを手にとってみてくださいね ^^

2019年5月にはフローティングタイプの「アスリート17FSV」が発売予定です!

ちなみに今回はシンキングタイプの「アスリート17SSV」をご紹介しましたが2019年5月にはフローティングタイプの「アスリート17FSV」が発売予定です!

こちらはフローティングタイプでSSVと使い分けながら楽しめる 一本となりますのでぜひチェックしてみて下さいね^^♪

 

ジャクソン公式アスリート17FSV  詳細ページはこちら

1 / 2
次へ