ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【速報】2019年度JBトップ50第1戦in七色ダムー2日間の予選を終え山岡計文が首位キープ、2位には2日目トップだった三原直之


出典:JB/NBC Official site

日本のバストーナメントの最高峰シリーズ「JBトップ50シリーズ」の2019年第1戦in七色(なないろ)ダム「ゲーリーインターナショナルCUP」の予選2日日が4月6日に行われた。

予選2日間を終え、トップの座を山岡計文がキープした。予選初日単日1位(6660g)、予選2日目は5775g・2位でまとめ、予選をトップで通過した。

そして三原直之が2位につけている。昨日は4505gで4位。2日目で7495gというナイスウエイトを叩き出し、トップ。予選終了段階で2位にまで追い上げた。

2日目の上位3名

出典:JB/NBC Official site

予選2日間を終えての上位7名

1 T5005
ヤマオカカズフミ

山岡計文

6,660g 50p 5,775g 49p 99p 12,435g 100p 199p
2 T5019
ミハラナオユキ

三原直之

4,505g 47p 7,495g 50p 97p 12,000g 99p 196p
3 T5042
イチムラシュウヘイ

市村修平

6,180g 49p 2,612g 40p 89p 8,792g 98p 187p
4 T5003
エグチシュンスケ

江口俊介

3,356g 44p 3,362g 44p 88p 6,718g 96p 184p
5 T5013
ニシカワサトシ

西川慧

1,830g 31p 5,725g 48p 79p 7,555g 97p 176p
6 T5007
コバヤシアキヒト

小林明人

3,074g 41p 2,734g 41p 82p 5,808g 93p 175p
7 T5016
ノムラシュンスケ

野村俊介

4,540g 48p 1,642g 30p 78p 6,182g 95p 173p

出典:NBC NEWS

予選から決勝に残るのは上位30名。

2日間の予選で獲得した順位ポイントの合計が成績表の(a)p計。

さらにそこから、予選2日間で釣った魚の重量で重い順に並び替え、一番重かった選手に120の「重量ポイント」が与えられる(成績表の(b)重p)。以降、119、118、117と続く。

上記(a)p計の「順位ポイント」合計と(b)重pの「重量ポイント」を合算し、多い順に並べたのが、この予選結果表(同ポイントの場合はゼッケンの若いほうが上になる)。

第1戦の予選2日目を終えての結果はJB/NBC公式サイトのリンクからチェック!

 

さあどうなるのでしょうか!いよいよ明日第1戦、決勝です!楽しみですね!