ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

トモ清水「ガッ釣りソルト」モバイルロッドの楽しみ広がる!

トモ清水(Shimizu Tomo) プロフィール

PFJ(ピュア・フィッシング・ジャパン)であらゆる魚種のAbu Garciaロッド製品開発を担当するスーパーマルチアングラー。ホームは、関東外房(フィールドテストで全国行脚するため、大阪、広島、九州、北陸すべてセカンドホームグラウンド)。趣味はサーフィン、スノーボード、キャンプと多趣味だが、釣りがダントツ。1977年9月生まれ。本名は清水智一

トモ清水「ガッ釣りソルト」モバイルロッドの楽しみ広がる!

最近は、陸っぱりだけでなくオフショアの釣りも楽しんでいるトモ清水です。主な理由はロッドのテストですが、ルアーもエサも含め、各地の船によく乗っています。来週もタイラバに行く予定です♪

春のアフターシーバスも活性があがり、よく釣れています。サイズ狙いもこの時期できるので今が狙い目です!釣り方はミノーのストラクチャー撃ちです。この時期はジギングでもよく釣れていますよ~

モバイルロッドの利便性を再確認!

全国各地でロッドのテストをしていく中で、ワンピースやツーピースのロッドの発送や持ち運びに不敏さをいだいていました。そこでもっとコンパクトにして便利にしたいという思いで作ったのがソルティーステージKR-XのモバイルⅢというロッド。

出典:ピュアフィッシング

まずはライトジギングから発売したのですが、今年2019年の4月には、ジギング、タイラバ、シーバス、ショアジギングと、3ピースモデルが発売されます。専用のセミハードケースも付属しており非常に持ち運びが便利なのですが、モバイル性だけでなく、ワンピース感覚で使用出来るところにこだわって作りました。まさに釣りをしている時は、3ピースを全く感じさせることがなく、曲がりも非常に滑らかで綺麗。よって強度も何らワンピースとかわらない強さとなっています。

KR-XモバイルⅢのジギングモデルでサワラ。ジグはスキッドジグの150gを使用。3ピースなのにワンピース感覚で使えるのが特徴です!

今週頭にも東京湾へサワラとタチウオを釣りに行ったのですが、電車で行ける船宿の利用にもピッタリで、コンパクトに収納出来て、気楽に電車釣行といったことも可能に。また軽自動車やコンパクトカーにも場所をとらず収納出来るので便利です。遠征にも非常に便利で、発送費用も抑えられますし、飛行機やフェリーでの移動も楽々。一度、使うとその便利さから離れなくなってしまうほど快適に問題なくご使用出来ます。

KR-XモバイルⅢのジギングモデルでタチウオ。ジグはスキッドジグの150gを使用。この時期は水深130mとやや深めのレンジです

1 / 2
次へ