ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

霞ケ浦水系で春爆を満喫するためのキーワード【寄稿・from横川隼大】

こんにちは横川隼大です。

今回は早春の霞ケ浦水系で春爆を満喫するために僕自身が実践している作戦をご紹介します!

 

季節も進み桜の開花も間近ですね♪♪水中も賑わってきてビッグバスが釣れはじめております!!

水温も安定して10°以上をキープ。そろそろ春爆の気配。

そんな霞ヶ浦水系で春爆を味わうための私が重視している4つのキーワードと高確率でバスをゲットできるマル秘釣法もご紹介!!

 

まずは4つのキーワードについて

1)「風が当たるポイントを選択」

これは絶対条件!!

むしろ風が当たっていないエリアは完全に無視をした方が良いです!!

そして正面から風を受けるポイントがベストです☆

 

2)「ベイトフィッシュがいるエリアを選択」

基本的にベイトフィッシュはハードボトムを好み回遊しています。

また回遊能力が低いシラウオやワカサギは風で岸際に寄せれてくるので岸際がキモ。

 

3)「マッチザベイト」を意識したルアーセレクトを行う

風が正面から当たりベイトフィッシュも沢山いるエリアを見つけても肝心なルアーセレクトを間違えると釣果がガクっと下がります。

なのでマッチザベイトが基本です。

回遊しているベイトフィッシュがワカサギなら100mm~140mmミノーがオススメ。

回遊しているベイトフィッシュがワカサギであれば私はプリズムを愛用しています。ビッグミノーでは珍しいハイフロートタイプなのでリトリーブを止めた直後の浮上がバスにスイッチを入れます。

 

ジャクソン公式プリズム詳細ページ

Size Weight Type Range Hook Quantity Price
120mm 17.5g Floating #6 1 \1,800(税別)

 

 

シラウオなら50mm~100mmのミノーや3inクラスのワームにジグヘッド。

4)春ならではの誘い方で攻める

ミノーならスローリトリーブが◎

ミノーならスローリトリーブが鉄板!

ベイトタックルでフル遠投しボトム感じながらゆっくりと巻きます。何かストラクチャーに当たったらストップしルアーがフワァっと浮くのを待ちます。そのタイミングのバイトが多いですね。ですのでハイフロートタイプのプリズムがオススメ!!

ジグヘッドならボトストが◎

次にジグヘッド!こちらはスピニングタックルで0.9g~2.3gのジグヘッドに3inクラスのワームを付けスイミング!!経験上ボトム付近でのバイトが多いのでボトスト気味にしています。

っと4つのポイントをご紹介しましたがはっきり言って春は甘くありません!!

そしてこの春爆パターンは朝と夕方の限られた時間にバイトが集中するし多くのアングラーがやっているので打率がかなり低いです!!

そこで誰もが高確率でバスをゲットできる無難な釣りをご紹介します!!

 

1 / 2
次へ