ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

水野浩聡「ワンモアフィッシュ」今回のテーマは「三寒四温」です

毎週木曜日配信

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

今回のテーマは「三寒四温」

こんにちは‼︎

今週は岐阜県では一時吹雪となる所もあるなど、先週とはうって変わって寒の戻りが来た週となりました。この辺が早春らしい天気ですよね。

ってことで、今回のテーマは「三寒四温」。

早春特有のこの気象条件なわけですが、まさにこの3月はその真っ只中といえるでしょう。

2月後半から3時頭くらいまではかなり暖かく、このまま一気に春へ突入するのか⁇と思えるくらいの陽気になったわけですが、ここにきて真冬並みの冷え。

先週までの暖かい周期では、すでにスポーニングを始めてしまうのでは⁇ と思えるようなシャローにポジショニングしていた個体がいたり、スポーニングエリア周辺にまで上がってきている場所もありました。

三寒になっても一度、シャロ―に上がったバスはディープに戻ることは意外と少ない

そんなバスたちは三寒に当たった時に、一体どこにいるのか⁇そんなことを考えて釣りをしていく必要があります。

ズバリ、春モードの旬な魚であればあるほどその場に留まることが多く、冬に過ごしていたようなディープにわざわざ落ちたりすることは少ないと僕は思っています。

前回も話した通り、この時期のバスは長い横移動を嫌い、逆に縦のレンジ調整はこまめにする傾向が強く、一時的に冷えたとしても、シャローフラットやそこに隣接するブレイクに絡むカバーや沈み物、ハードボトム、地形変化について冷えを耐えているイメージ。

 

一時的に冷え込むと簡単に口は使ってくれないけど、そんな時こそリアクション要素のルアーを投入

当然暖かかった水温が一気に落ちるわけですので、簡単には口を使ってくれませんが、こんなタイミングこそ冬に投入していたルアーの出番で、個人的には春っぽいフラット地形をベースに考えるので、広い場所を探りながらリアクション要素の強いルアーを投入していきます。

 

今週はTNが五三川でハマってくれました

今週は、TN60が五三川でハマりました。

冷えによって、春っぽいエリアのボトムの変化についているバスを引っ張り出した感じですね。

場所は春寄りだけど、釣りは冬寄り。

こんなことをテーマに三寒のタイミングを乗り切りました。

やっぱり一度上がったバスは、あまり落ちることはないんでしょうね。

特に自分が狙っているような、プリスポーンと呼ばれる旬な魚は、なおさらこの傾向にあるので、エリアはあまり変えずに釣りをしています

 

1 / 2
次へ