ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【BOATチニング】厳冬期の湾奥オフショアチヌジギングがアツい【寄稿by磯村 満】

こんにちは!名古屋港周辺をホームにほぼ毎日湾岸パトロールをしている磯村です。

今回は伊勢湾奥の名古屋港周辺でのオフショアチヌジギングについて紹介をさせていただきます。

さてチニングと言えば、オカッパリからチヌ用ルアーを使ってボトムを転がすように狙うのが一般的ですよね。

私のホームエリアの名古屋港周辺でも、春と秋には荒食いシーズンに突入するので活性の高いチヌを狙うアングラーが沢山います。パワーのあるファイトを楽しませてくれるので人気のターゲットになっていますよね。

ところがその楽しい楽しいチニング、真冬の厳冬期には釣果が一旦落ちます。

やはり水温が低すぎると釣れにくくなってしまいます。

そんな時は温排水の絡むポイントを探ってみてください。水温が安定しているので真冬では一級ポイントになります。

さて、今回はそんなオカッパリチニングの話ではないんです。

実は名古屋港周辺では厳冬期のシーズナルパターンとしてボートからメタルジグを使ったジギングが人気で今回はそんな釣りをご紹介!

ボートから狙うポイントはやはり温排水が絡む水門のパイル周り

さてボートから狙うポイントですが、やはり温排水が絡む水門のパイル周り。

ここはオカッパリポイントと同じく水温が安定しているのと、水流もあるのでかなり魚影が濃いポイントです。

特にボトムが荒れているとよりチヌが着いています。

 

使用するジグはギャロップアシストフォールエディションとギャロップアシストスローフォール

使用するメタルジグは、フォールに特化した「ギャロップアシストフォールエディション」!

ジャクソン公式ギャロップアシストフォールエディション詳細ページはこちら

 

さらにフォールスピードに特化した「ギャロップアシストスローフォール」を投入。

 

ジャクソン公式ギャロップアシストスローフォール詳細ページ

 

どちらもギャロップシリーズの中でもフォールに特化した特徴を持っているので、水流の強弱によって使い分けをしています。

チヌジギでのフックのセッティングですが、フロントはシングルでもダブルでもOK。フックにティンセルチューンをしたものに反応が良いです。

そしてリアはトレブルフックにしたほうがフッキング率が良いです。

 

ウェイトは30g前後がオススメです。

 

ジグのウエイトは30g~35gが最適

狙うポイントは10m~15mとそれほど深くはありませんが、水流があるので30gくらいが使いやすいです。20g以下だと軽くて流れに流されてしまいバーチカルにボトムまで落とせません。

 

そして40g前後にしてしまうと今度はボトムに引っかかってしまいロストを多発してしまいます。流れの強さにもよりますが30g~35gが最適かな~と思います。

 

パイルのキワいバーチカルに落とす!最初はフリーフォール、途中からテンションフォールが◎

狙い方は至ってシンプルです。

水門のパイルのキワをバーチカルにボトムまで落とします。

この時、最初からテンションフォールをさせてしまうと水流を受けすぎて流されてしまいパイルから離れてしまうので、自分は最初フリーフォールで落として、途中からテンションをかけてボトムまで落としています。

そうする事により出来るだけ狙ったポイントに落とす事が出来ます。

水深が10mとすれば7m~8mまでフリーフォールで一気に落とし、そこからブレーキを掛ける要素でテンションフォールをさせ、チヌにメタルジグを見せながら落とすようにしています。

ボトムまで落としバイトが無ければ軽くリフト&フォールさせ、これを繰り返します。

春めいて暖かくなる時期には水温が上がって温排水ポイントから離れて行きます。

そうなるとオフショアチヌジギングのパターンは終わってしまいますので、今時期の冬のシーズナルパターンにチャレンジしてみてくださいね!