ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

トモ清水「ガッ釣りソルト」マイクロショアジギングの可能性

連載:トモ清水「ガッ釣りソルト」

トモ清水(Shimizu Tomo) プロフィール

PFJ(ピュア・フィッシング・ジャパン)であらゆる魚種のAbu Garciaロッド製品開発を担当するスーパーマルチアングラー。ホームは、関東外房(フィールドテストで全国行脚するため、大阪、広島、九州、北陸すべてセカンドホームグラウンド)。趣味はサーフィン、スノーボード、キャンプと多趣味だが、釣りがダントツ。1977年9月生まれ。本名は清水智一

トモ清水「ガッ釣りソルト」マイクロショアジギングの可能性

夏だとコチ系もジグによい反応を示してくれます。このロッドのコンセプトはアンダー15㌘ですが、20㌘ショアスキッドジグもキャスト可能なキャパの広さも魅力です!

ようやく待望の春です! 釣り人なら誰しもウズウズしはじめるシーズン。私も今年の遠征釣行はほぼ決めて、早めに宿や飛行機を予約し準備しています。トカラやパラオ、小笠原に遠征予定で、毎週プールへ体作りに通ったりと、タックルだけでなく体もハードな釣行に備えて鍛えています。
さて今回のテーマですが、「マイクロショアジギング」ということで、新しい提案ができるロッドを考えていますので、少し紹介したいと思います。

どんどん進化する、大人気のショアジギングカテゴリ―

最近ではショアジギングといってもかなり細分化されてきています。大人気のショアジギングですが、アブガルシアからもガチなタイプのショアジギングロッドと、ライトショアジギングの2タイプのロッドを発売しています。どちらもこちらメーカーが驚くほど人気で、最近のショアジギングの人気の高さがうかがえます。各メーカーから様々なメタルジグも発売されており、アブからもスキッドジグをはじめ、ショアスキッドジグ、そして今年はマイクロジグフラットを発売し、ラインナップの充実を図っております。

SaltyStage Shore Skid Jig (ショアスキッドジグ)

出典:ピュアフィッシング

Salty Stage Micro Jig Flat (ソルティーステージ マイクロジグフラット)

出典:ピュアフィッシング

ソルティースタイルシリーズでマイクロショアジギング専用ロッドを現在開発中

マイクロジグフラットも発売しましたので、それ専用のロッドを作ったら面白いな、ということで業界初となるマイクロジグの専用ロッドを今、開発しています。ソルティースタイルシリーズで展開する予定で、「マイクロショアジギング」という名前で開発を進めているのですが、名前は特に重要ではなく、ウルトラライトショアジギングでもOKだと思っています(笑)。要するに今あるライトショアジギングよりさらに軽いカテゴリーとなります。

チャリコサイズでも楽しめるロッドになっていますよ♪ 大物がくるともう最高です!

1 / 2
次へ