ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

がまかつ「ツインフックシステム」の仕組みが分かりやすいショートムービー

「バラシ0(ゼロ)への挑戦」ということで話題となっている、がまかつツインフックシステム

ツインフックシステムって?と思う方はショートムービーをご覧になってください。

ムービーの通り、一見ダブルフックに見えますが、「ツインフックシステム」は2本のフックを1つにまとめたものです。独立した1つ、1つのフックをチューブでまとめたかたちになります。

ココがポイント。

フック可動式でバラシ激減&魚にやさしい

ツインフックシステムはフックの可動域が広いのです。魚の口に応じてスムースに掛かるのが一点。また、フッキングした魚が暴れた時にも、そのファイトに応じてフックが追従することになり、フックホールが広がらずバラシを激減させてくれます。

片方のフックに掛かったという場合でも、独立しているためにもう片方には負荷を掛けない。フックの破損や変形なども防いでくれるのです。

フッキングがよくなるのであれば、ワンランク細軸のフックを使うという選択肢も出てきそうですよね。また、ツインフックであればルアー本体にフックが当たる音がせず、警戒されにくいというメリットもあるそうですよ!

さらに、二次的にフッキングすることが少ないのは、魚にムダなダメージを与えないというメリットもあります。

そんなツインフックシステムを採用したシリーズをご紹介。

ツインフックシステムシリーズは次ページにて
1 / 2
次へ