ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

東条湖現場ナマ情報by三原直之【週刊ルアーニュース(3/8発売号)】

毎週金曜日に関西&東海エリアを中心に発売されている週刊ルアーニュースで連載中の「現場ナマ情報」!淀川や大江川はじめ、池原ダムや七色ダムなど人気フィールドの現状分析や今後の予想、オススメの釣り方などを各地の釣りウマアングラーがナマ解説!ルアーニュースRでその一部をご紹介!今回お届けするのは「東条湖」!

東条湖(とうじょうこ)ってどんなトコ?

ビッグバイトというレンタルボート屋さんアリ

近畿で3番めに古いバスフィッシングの歴史を持つ湖で、大きなサイズの目撃情報も多数。本流から上流までシーズナルに釣りを楽しむことができる。

三原直之(Mihara Naoyuki) プロフィール

東条湖をホームに2015年からTOP50メンバーとして日々戦っている。トーナメントの傍ら、東条湖観光スタッフ&ヒューマンフィッシングカレッジのトーナメントスキル講師としても活躍中。

今週の東条湖ナマ情報

現在の東条湖の状況は?

現在の東条湖の水温は低い所で約8.5度、高い所で9.5度をマークするなど、確実に水温は上がってきています。

また導水路がガンガンに流れて込んできているため水位も上がってきており、先週よりもプラス50㌢で、現在マイナス8㍍です。

水質は上流から五ケ所渓谷までの上流エリアが濁っており、中流から湖までが少し水に色が着いたステインといったところでしょう。

ついに春開幕!

さて、ついに春が幕を開けるような今週の天気ですね。

週頭から雨が降り続け、本紙発売頃には落ち着いてくる頃かと思います。

春が幕を開ける条件として大事な要素が、「水位の上昇」、「濁り」、「新月大潮」のこの3つ。

それが揃う今週はまさにバスフィシングシーズンの開幕を宣言してもよいぐらいの激アツウイークとなっているでしょう。

東条湖もすでにバックウォーターに40ー50㌢UPが12ー13尾のスクールであがってきていたり、リザーバーのセオリーである上流から春がはじまっているように感じます。

ここに濁りが入ればアラバマ系、ビッグベイト、フットボールジグなどの定番ルアーが爆発します!

濁りが入って増水すれば、岩盤などのショアにあるストラクチャーに寄り添うので、ガンガン攻めたようなルアーで強気にいくべし!

強いルアーで中層を巻きマクりましょう!

春のバスは確実にあがってきています! とにかく釣りに行くべき1週間です!

次のページでは今週の爆発予想スポットをご紹介!

1 / 2
次へ