ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【コリガンマグナム450】depsのシステムクランクに新たな仲間が登場!その開発秘話を公開【デプスニュース10×奥村和正】

毎年、恒例企画となっているのが、デプスのNEWアイテムをエグる「デプスニュース」!

今年で何と10年目のロングラン企画になっています!

というわけで、今回もガッツリとエグらせていただきました!

なお各アイテムは奥村和正さんに動画でガッツリ語っていただきました!

奥村和正(Okumura Kazumasa) プロフィール

ご存知、デカバス直結系ルアーファクトリー「デプス」代表であり、日本屈指のデカバスハンター。デカバスに対する執着心は他に類を見ないほどで日々、マザーレイク・琵琶湖をはじめ、池原ダムや各フィールドの記録級サイズを狙い通りに獲るため、規格外のルアーやアプローチを開発&発掘&模索し続ける人物。

 

ここでは、コリガンマグナム450を紹介!

コリガンマグナム450開発秘話【デプスニュース10×奥村和正】

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

デプスのシステムクランク・コリマグこと「コリガンマグナム」は150、250、350がラインナップ。ここに新しく「コリガンマグナム450」が登場。

クランクベイトは奥村さんが琵琶湖以外のフィールドでは外せないというほどフィールド状況を素早くつかめるハードベイトの1つ。

回避性能が高くハイピッチアクションを生むスクエアリップで、特にリザーバーでは同じレンジでもカバーの有無でローテすれば効率よくタイトに攻めきれるルアー。特長的なリップが生む回避性能はウイードエリアでも有効で、特に南湖でボディウォーターやチャンネルラインをクランキングで攻める時は4.5mダイバーが必要不可欠。琵琶湖の実釣テストでも厳しい基準をクリアしたアイテム。