ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【シャローマジック】メバルプラッギング!タダ巻きに反応しない時の必殺3メソッドを紹介【寄稿by吉見政則】

こんにちは、吉見政則です。

厳寒期を迎え釣果も冷え込むこの季節ですが、徐々に春の足音が聞こえだし、早い所ではバチ抜けも始まっているようです。
そんな時期に私いい思いをしているのが、メバルプラッギング!

今回はそんな春シーズン直前のメバルプラッギングについてご紹介させていただきます!

吉見政則 Yoshimi Masanori プロフィール

メバルを愛するあまり、自宅に設置した90cm水槽で飼育&観察するのが日課のアラサー男子。近畿~中部は射程圏内という抜群の行動力をもち、メバリングのオフシーズンは年間1ヶ月だけと豪語する“めばるジャンキー”。愛知県蒲郡市在住

さて私がメバルプラッギングでこの時期、愛用しているのが、定番ミノー「シャローマジック【アクアウェーブ】」です。

アクアウェーブ公式シャロ―マジック詳細ページ→シャロ―マジック(45mm)同50同60

 

シャロ―マジックは任意の速さ・レンジを巻くだけでオートマチックにメバルを誘ってくれるので基本はタダ巻きでOK!なのですが、それだけでは反応しないシブい状況があることもまた事実。

今回はそんなタダ巻きで反応しないメバルを攻略する為のマル秘メソッドに焦点を当ててご紹介します。

 

マル秘テクその1 ドリフト

タダ巻きで反応がない場合、次の一手として、まずはドリフトを試します。

潮上へキャストして糸フケを回収しながら流していくのですが、シャローマジックは潮馴染みがよく、僅かな潮流変化にも反応してメバルを誘ってくれます。

ドリフトで流したルアーが反転する時がバイトチャンスとなりますので、どこでメバルが待ち伏せているかを推理しながらのゲームとなり、そこが楽しかったりします!

 

具体的にはストラクチャーに潮流が当たって出来る反転流、潮同士がぶつかり合ってできるヨレなどが狙いどころとなります。

 

サイズはシャロ―マジック50を基準に状況に合わせて45mmと60mmを投入

使うルアーですが、シャローマジックシリーズのなかで、もっとも引き感のあるシャローマジック50を基準に、潮流が弱い場合や近距離を狙う際にはオリジナルのシャローマジックを!

そして沖の潮目やヨレ、レンジを下げたい場合にはシャローマジック60を使っています。

アクアウェーブ公式シャロ―マジック詳細ページ→シャロ―マジック(45mm)同50同60

 

マル秘テクその2 フォール

活性の高い時期、表層早巻きで狙うとバイトが多発するけど乗らない…。

そんな時は小さいフォールを一瞬入れて喰わせの間を作ってやると針がかりさせられる事が多いです。

ストラクチャーやウィードについたメバルを縦の釣りで狙う時には、テンションフォールでスローに長く見せる事を意識しています。

 

マル秘テクその3 バックスライド

もう一つの攻め方としてはボトムべったりのメバルをリアクションバイトで狙うバックスライドがあります。

具体的にはボトムまで沈めたら、2、3回軽く跳ね上げ、ラインを張らず緩めずの状態で送り込みます。

シャローマジックはバックスライド気味に沈むので、一度視界から外れたルアーが再び目の前に落ちてきて、思わずパクッ!!というイメージです。

以上がタダ巻き以外での効果的なメバプラ攻めのご紹介でした!

無数のパターンが存在しそのゲーム性の高さが人気のメバリング。

巻きの釣りで反応が薄い時は是非、試してみてください。

 

アクアウェーブ公式シャロ―マジック詳細ページ→シャロ―マジック(45mm)同50同60

1 / 2
次へ