ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

日指ダム【大分県】オカッパリバス釣り場最新情報&ヒットルアー(フリーリグとメタルマスター)【寄稿by中谷大智】

皆様こんにちは!中谷大智です。

中谷大智のyoutubeチャンネル「中谷式」 instagramtwitterFacebook

   

 

 

今回は私が通っているオカッパリバス釣り場「大分農業文化公園 日指(ひさし)ダム」についての近況報告をさせて頂きたいと思います。

 


※営業時間、禁止エリア等ルールが設けられています。釣りに行かれる際は必ず確認をお願い致します。

https://www.oita-agri-park.or.jp/

 

【現在の状況】

まず水位なのですが、去年の夏の大減水から回復はしたものの、通常の水位までは達しておらず減水状態にあります。

よってバスのポジションは、やや沖目に多いイメージです。

冬といえばシャローの一発!というのもありますが、現在の減水状態ですとシャローでの付き場が少なく、難しい状況となっています。

 

そういった状況の中で去年の12月から年始にかけてバスからの反応を得られているポイントですが、キーとなっているのは先ほども書きましたが「沖」!

そして、水温が下がるにつれ「物」につく傾向へとなって来ています。

今の日指ダムで言う「物」というのは沖に多く点在する「立木」です。

場所によっては沈みカバー、岩などになってきます。

その中でも現状バスを多くストックしていると考えているのは「立木」です。

理由としてやはり増減水、水温の変動、そして風(冷たい)等に対応するにあたり、バスも極力体力を使わず過ごしたい事から、移動距離を抑え上下移動のみで過ごせる「縦スト」が良いという考え方です。

更に狙いたいエリアは冷たい北風から避難しやすいスポット!

そういったことを意識して釣っています。

具体的には下記図をご覧ください。赤印で囲っているエリアを主に釣っています。

 

【オススメルアー&リグ その1】キッカーバグ4.5インチのフリーリグ

立木を攻略するにあたり、やはりスナッグレス性能に優れたルアーが有効となってきます。

まず、ひとつ目は「キッカーバグ4.5インチのフリーリグ」

フリーリグを選択した狙いはスナッグレス性能だけではなく遠投、そしてナチュラルなスローフォールです。

ワームについてですが、キッカーバグをセレクトしたのはシルエットをブルーギルっぽくしたかったからです。

キッカーバグって甲殻類ワームという印象が強いかと思いますが、使い方次第ではギルにもなります。

フリーリグではないですがキッカーバグのフォール動画をご覧ください。

まるでウィードに潜っていくギルに見えませんか?

出典:YouTubeチャンネル「むらっちビワ子に貢ぐ男」

 

ちなみに2019年の初バスはこのキッカーバグフリーリグで釣る事が出来ました。

 

 

 

◎キッカーバグ4.5インチのフリーリグ使用タックル◎

ロッド:ヘラクレス HCSC-67MH-LTS ブルーマイスターLTS

ライン:バスザイルマジックハードR12lb

 

 

 

 

【オススメルアー&リグ その2】メタルマスター7gと10g

エバーグリーン公式メタルマスター詳細ページはこちら

2つめのオススメルアーは以前にもオススメさせて頂きましたが、冬の定番メタルマスター。

更に私がこの時季おかっぱりでおすすめしたいウエイトは7gと10g。

なぜこのやや軽めのウエイトなのか? なんですが、ボトムに落としてからしゃくり上げた時のスピードとフォールスピードのメリハリをつけたいからです。

 

秋から初冬にかけてはまだバスも体が動きルアーを追える状況なのでフォールスピードが速めな14g以上でも有効ですが、水温が下がるにつれバスも移動可能距離がどんどん短くなってきます。

軽いウエイトでフォールスピードを抑え、バスに口を使わせる、ルアーを見つけさせる、追わせる間を与えるのが狙いです。

ボトムステイも有効なテクニックのひとつです。ステイ時間はボトムに着いてから3秒~5秒。

メタルマスターはスナッグレス性能の高いメタルジグですので立木攻略にもうってつけのメタルジグです。

ぜひ、試してみて下さい!!

 

 

出典:YouTubeチャンネル「EverGreenFishing」

 

◎メタルマスター7g10gの使用タックル◎

ロッド:フェイズ PCSC-63ML+ レーザーショット

ライン:バスザイルマジックハードR10lb

 

 

1 / 2
次へ